雨のまつやま、気持ちは快晴!

遅めの後半初戦はいきなり雨から

搬入と撤去時は雨に濡れることもなく👍

まつやま1

大手門サイドでバックヤードも広々取れて雨天時には

好都合の位置でした。

朝一のお客様はバターナイフ好きで、一人で3本も

ご家族お一人一本かな?

ブース内

正面テーブルは生き物コーナーになった感じ

今回から組み木絵をアイテムに加えたため、

時計は一個しか持参できず・・・

しかしこの一個を気に入ってくれた若い6人家族

多数決で全員一致でご家族のもとへと・・・

幸先良いスタートができました!

ブース内2

初日は一日中細かな雨が降ったり止んだりで、

テント外へのテーブルは使用できず残念!

まつやま2

人出も初日はそれなりにあった感じ

まつやま3

時には混雑する時間もあり、お近くの方

遠くからの方と様々

山形方面には毎回来てくれる新潟のご常連さん

今回も来ていただき、毎回ありがたいものです。

また今回お初のローズガーデナーの方は、

ショップ名に36が付いてます。

230と同様に命名されたとかでお互い親近感が

2日間にわたりそれぞれお客様を連れてきていただき、

その都度お買い上げに預かり感謝です。

黒染めの板膳やケーキ皿など食につながるアイテムを多々

まつやま4

2日目午前中は結構な雨ふりで全面を囲うスタイルで

さすが午前中は人出が少なかったのですが、

中に入りゆっくり品定めをして財布のひもを

緩めてくれる方がとても多くうれしい限り!

まつやま5

2時過ぎからは青空も出て来場者も増加

撤収に向け少しづつ動きたいのですが、

ギリギリまで接客できたこと、それは

締めてみれば画像の青空以上に結果は快晴でした。

今回販売用に制作したカワセミの組み木絵を

ご紹介します。

カワセミ組み木絵

ご注文のあったカワセミ同様に神代杉のベース

川面に見立てたベースに2匹の魚影を嵌めこみました。

大変注目を浴びましたが、お値段が安くはないので・・・

カワセミ2

今後のイベントでじっくり実物をご覧ください!

今週末は4年ぶりに開催のかくのだてへ

お天気は良さそうですよ!

5番ブースに居ります

沢山の方のお越しをお待ちしております!!

 

 

 

ミズのコブ採り

夏前に頂いたオーダー分にメドが付き安ど感

栗

栗も落ち始め、ウォーキングも足もそちらへ

昨年は持て余すほどの量だったので、今年は質に徹して・・・

気分転換も含め、息子家族からリクエストのあった

ミズのコブを取りに行きました。

ミズの沢

もう10年近くいっていない場所ですが、確実に採れる沢です。

車から目と鼻の先ですが、ここまで来るのが超大変!

3mを超えるススキ、クズの蔓などのブッシュを潜り抜ける

必要があるからです。

山刀で払いながらたどり着きました。

ミズのコブ

綺麗なコブ、丁度いい具合が沢山ついてます。

ミズの葉っぱ取り

帰ってからは丁寧に葉っぱを取り除き、秋の恵みと一緒に発送

孫たちも山菜や野菜が好きなので、お礼のラインが来ると

おじいちゃんもご機嫌で疲れも飛びます❕

たまには制作以外のメンテの話も・・

ダレた砥石

船大工さんが使っていた頂き物の砥石

中が凹んでいて、これでは刃物が良く研げません

砥石修正盤

鋳物の修正盤にコンパウンドを蒔き、全面を研ぎます

砥石修正後

コンパウンドを追加しながら10分ほどで、全面が真っ平に

これで包丁の刃が均一に当たり、正確な刃付けが可能です。

仕事に使う刃物は専用のセラミック砥石を使っているので、

この砥石は家庭用包丁専用にします。

まあ、一般の方は、こんな高い修正盤を使う必要がありません!

オーダー分にメドが付きましたが、これから補充分と

思ったところ、もう今週からイベントが始まります。

でもそこそこに作っていますからご心配なく!

エンジュの持ち手

オーダー分も含まれていますがエンジュの持ち手

ケヤキ持ち手

こちらはオーダー品、ケヤキです

サクラ持ち手

サクラ材の彩色品とナチュラルな持ち手

少しですがこれからのイベントに並びます。

神代ケヤキ一輪挿し

好調な神代ケヤキの一輪挿しも補充できました。

ただステンレスの容器が大幅値上げですが、230の

一輪挿し価格は従来通りです。

浮造り

神代ケヤキの外周は、浮造りで仕上げています。

手間は掛かっていますが、出来上がりをぜひイベントで!

そしてやっぱり最後は

サンショウウオネックレス

サンショウウオネックレスの補充です。

スネーク、ピンク、ココボロ、名立たる貴重材が・・・

画像は造形工程が終わったもので、まだ美しい姿には程遠い

これから研磨3工程でいつもの姿に生まれ変わります!

そしていよいよ今秋から秋のイベントへ参戦です。

まつやま

酒田市のまつやま大手門くらふとフェア

23日、24日両日!山形の方々のみならず、お待ちしてます!!

 

マグの新表面仕上げ

9月に入りウォーキングを再開しました

ウォーキング

イベント時の体力アップ効果を期待して、

毎日コースを変えて・・(家内のお供です)

イチョウ紅葉し始め

イチョウはもう少しづつ色づき始めてます。

銀杏

銀杏も大量に付いて、もうすぐ落ちそうです。

マグカップを作りましたが、今回から表面仕上げを

拭きうるしから、ガラスオイルに変更テスト。

マグカップ大

綺麗な木目のヤマザクラで、結構固めの材

仕上げはガラス樹脂の入った木固め液で、カップ全体に

含浸させることで、強度がぐっとアップします。

更にセラミック樹脂の含んだガラスオイルを浸透させ、

木固めとの相互関係でより堅牢性や強度が高まり、

傷や衝撃に強い浸透仕上げができます。

自然の風合いを損なわずオイル仕上げのような、

そして臭いもなく耐水性ももちろんのはず!

桜のマグカップ

綺麗な木肌に仕上がっています

マグカップ2

高さと持ち手の違う2タイプ制作

マグ2タイプ

1週間は完全養生させます

2週間目以降は撥水効果、防汚染効果が発揮しますので、

まつやまには何とかギリセーフかな・・・

ご注文を含む持ち手も手掛けています。

槍カンナ

ケヤキ材の表面をやりカンナで仕上げ中

ケヤキ、サクラ仕上がり

サクラとケヤキを仕上げました

カンナ仕上げ面

カンナでは出ない表情が槍カンナでは出せます。

持ち手塗装中

様々なタイプを拭きうるし中

枝豆拭きうるし

こちらは様々な樹種で枝豆箸置き拭きうるし中

延々と塗って拭いて・・・疲れます!

そんな中嬉しいものが!

ココぼロ材

もう手に入らないと思っていたココボロ

実はある木材会社をサイトで見つけ、調べたらあったのです!

それを息子が購入して送ってくれたのが届きました。

結構なサイズなので、230作品は色々作れそう

値段も張りましたが、色目も質も上級品です。

暫くは眺めていようかなと・・・

組み木絵が完成

すっかり秋めいてきました

水引

雨が多かった今夏、今年のキノコはどうか?気になるところ

制作中だった組み木絵が完成しました。

ベースの掘り込み

出来上がったアカショウビンを、板に埋め込みます。

配置どおりアカショウビンが入るように・・

掘り込み作業

3ミリのエンドミルで掘るため、それより狭い部分は手作業

掘り込み完成

掘り込みが完成した状態です

嵌めこみ

嵌めこむ(インターシア)と貼り付けより一体感が

アカショウビン組み木

止まり木もセットしアカショウビンの組み木絵が完成

アカショウビン

使用している樹種はサティーネ、パドゥク、ピンクアイボリー

チャクテビガ、パープルハート、コクタン、トチ、ライムです。

ベースの板はクルミ、止まり木はナツツバキを使用

クワのカワセミ

こちらはオーダーのカワセミで、板はお客様が持ち込んだクワ

パロサントカワセミ

メインの羽根はパロサントを使用し、加工後はきれいに

緑色に発色してくれました。

神代杉カワセミ

こちらは貴重な神代杉をベースとしています。

リグナムバイタカワセミ

リグナムバイタをメインに使用し、濃緑茶の重厚な

輝きが特徴の作品です。

クラフト展で展示販売を予定しておりましたが、その前に

このカワセミも販売済となりました。

またまた230用のカワセミもなくなり、今度はこっそり

作ろうかな(笑)

レアウッドブレスレットのオーダーも出来ました。

スネークウッドビーズ

ご要望のスネークウッドビーズを加工中

レアウッドビーズ

様々なレアウッドビーズが出来上がりました。

スネークウッドブレスレット

組みあがったオーダーブレスレット

スネークウッド、コクタン、ココボロ、ピンクアイボリーなど

貴重な材料がゴロゴロの贅沢ブレスレットです。

欠品中のサイズも今回制作できました。

ブレスレット色々

S、Mサイズで、こちらもスネーク、ココボロ、ピンク等々

使用したブレスレットになっています。

230の秋のイベントスタートは9月23日から

まだ時間があるので、仕事がしやすくなったこの時期、

残りのオーダー分そして補充作品に拍車が掛かります!

 

組み木絵の制作

雨の影響で、味や品質に影響が出ている果物

プルーン

我が家のほったらかしプルーンは、久々の高品質

災いはどう転ずるかは❓なのだろうか・・

久しぶりに大曲の花火を観戦に

花火会場

コロナ対策を取った会場は様変わり

桟敷はなくなりテーブル席がメインで見渡し良好

夜花火

開始直後は煙がよどみ花火が見えずガッカリ!

そして終始雨が降ったり止んだりなのでカッパ着用

でも、直ぐに良い風が出て視界良好に

大曲花火2022

今までで一番前席よりだったので、打ち上げ個所も見え

迫力満点で雨以外は満足

これからもテーブル席が良いかもね!

桟敷のように腰も疲れず雨も溜まらないし・・・

製作のほうは本当に久々に組み木絵に掛かっています。

作品集のカワセミは販売用ではなかったのですが、訳あって

全て手元には無くなっています。

今回の制作も熱心な方よりオーダー頂いたので・・

カワセミ型抜き

切り抜いたそれぞれのパーツを少しづつ立体的に

カワセミ研磨

何段階にも磨きを繰り返し光沢と流線形に

下のアカショウビンは磨きの完成一歩手前です。

磨き完成

7段階の磨きを終えた上からパロサント、リグナムバイタ

主体のカワセミとサティーネ主体のアカショウビン

まだオイルは施していない状態です。

目と足はこれからの作業となり、まずは目の制作

目の加工

目玉の径は5ミリ、それに嵌める丸棒を旋盤加工

コクタンの目玉材に今度は瞳となる1ミリの丸棒

ライムで制作し、目玉部分を組み本体に象嵌

アカショウビン完成

目が象嵌されるとアカショウビンが生まれます。

やっぱり生き物は目が命?

この後は嵌めこむベース材と止まり木の選定

最後に足の加工する段取りです。

次回は完成形がお披露目できるかも!

ブレスレットのリクエストもいただき加工中

ウッドビーズ加工

ウッドビーズ向け用のピンクアイボリー、スネークウッド

その他のレアウッドで予定してます。

大曲の花火観戦も終わり、全て夏の予定が終了したので、

今週からは仕事三昧に浸かる予定です。

 

 

 

 

秋の気配で本業再開

お盆期間は長雨で、夏を感じないまま過ごしました。

昨日今日と朝は涼しい風が

ローズヒップ

ローズヒップはもう色づいてます

サルナシ

サルナシの実はたわわに豊作

昨年作ったジャムは結構いけたので、今年も楽しみ!

お盆は孫の工作の手伝い

貯金箱

仕掛けのある貯金箱で、右の棒がミソ

ネオジムマグネットで中のストッパーを作動させます。

この解除棒がなければ絶対あかないシステム

危険な機械作業は手伝いましたが、指導の下

孫が何とかモノにしたのでめでたし!

木工に興味を持っているので、とても嬉しい230です。

鉛筆キャップ

気に入って持ち帰った鉛筆キャップ、追加で欲しいと・・

そして時間がなくて作れなかったキーホルダー

それぞれにくろみちゃんとおしり探偵を組み木で

今日送ります!

パソコンも息子の帰省中に新しくし、セッティング完了

一人ではなかなかできないので、こんな時は助かります。

お盆も過ぎ静寂となり、いよいよ本業も本格化

まだ客注が全部終わっていませんが、仕掛品から

ターナー

サクラのターナーの新作

ターナー持ち手部分

従来品に比べ、持ち手部分はふっくら目にして

マイナーチェンジし改良しています。

調理スプーン

新作の調理スプーン小タイプ(右)

調理スプーン小

かき混ぜたり、すくったり、万能です!

ディナースプーン

TVでも製作工程を紹介されたスプーン

定番サクラスプーン

定番品なので切らすわけにはいかないアイテムです。

これらは全てサクラ材を使用し、拭きうるし仕上げです。

この秋のイベント出陣は9月後半からなので、

あと一か月、どんどん作ります!

 

お客様からの画像

今年の夏は梅雨時を思わせるような長雨と湿気

そんな中230の工房より、テレビ中継をしていただきました。

秋田テレビのあっぱれ!昼飯前という番組で、石垣政和さんの

進行です。

中継準備

中継といっても昔とは違い、機材のスモール化はビックリ

工房中継

リハーサルや細かな打ち合わせはほとんどなく、全てが石垣氏の

意の中で進んでいきます。

たくさんの作品を紹介していただき、話術やポイントの押さえ方、

さすがプロと思わざるを得ない事ばかり。

事前打ち合わせもないのに良くここまで把握できているとは・・・

携わっていただいた方々には本当に感謝です!

前回ご紹介した絽刺しをあしらえる箱が完成し、画像が

送られてきました。

絽刺し箱1

Rozasheriさんの宝石箱

ぴったりとセットされ安心しました!

絽刺し箱2

この他にもたくさんの素敵な作品がありますので、

ぜひこちらから➡絽山人(@suzukon_rosanjin) • Instagram写真と動画

こちらもお客様より画像が送られてきました

柳野ファミリー

ご注文を受けていた最後のトチコブ材のオオサンショウウオオブジェ

大きな2匹が加わった大ファミリー画像は、青森市のお客様からです。桜の折りたたみ机

画像はサクラの折りたたみ式座机

孫用に作りましたが折りたたみ金具、意外に使えます。

ちゃぶ台の折りたたみ式にも良いかも・・・

3年ぶりに帰省した孫は木工に大変興味があり、230にも

宿題が課されており、あと数日で成果を出さなければ・・・

自宅キャンプ

天気が悪くキャンプ地まではなかなか出にくいので、

自宅キャンプをしています。

バーベキュー

遠くに行かなくてもやることは同じなので、意外と

経験させるにはいいやり方かもしれませんね。

限られた滞在期間ですが、十分楽しんでいってもらいたいと

励んでいる230です。

 

 

 

オーダーの小箱

今週も更新が午後になってしまいました

カボチャの花

いつもとは趣の違う花ですが、何の花?

畑一面に蔓が伸びたカボチャでした。

昨年岩手の方からいただいたカボチャが

美味しかったので、家内が種を保存していました。

姉の家の畑を拝借し、春にあちこちに種を

植えてみたところ、全部発芽したので丈夫なモノだけ・・・

長旨次郎

行儀悪く成長した超特大はもう40cm位

長旨次郎という品種で、ヘチマのように長くなります。

ユウガオ

こちらはユウガオの花

こちらは姉が食用に植えているもの

ジャガイモ掘り

ジャガイモも収穫期になったので、いつものように

収穫だけは自分でやって持ち帰り

毎年食い逃げみたいなもんで・・・

有難いです!

オーダーの小箱が完成し、午前中お引渡ししました。

絽刺し箱

ある作家さんの絽刺しをあしらえる専用箱です。

蓋の四角い部分に作品が入ります。

絽刺し箱2

左が指物、右が刳り物で制作したエンジュの箱

一つのご要望でしたがお気に入り頂、二つとも

お買い上げいただきました。

何より作品が蓋の彫り込みにピッタリ収まり、

ホッとしたところです。

絽刺しが収まり完成しましたら、画像とサイトを

ご紹介しますね!

入れ違いにご訪問客が・・・

青森から岩手方面に旅行中で、いちびっとさんに

寄ったところ、230作品を見つけどうしても・・

アポなしでしたが寄らせてもらったということでした。

ご夫妻共々230作品をあちこち身に着けていただいており、

さてどこでかな?と思いきや、以外にも青森県内ではなく

他の県でのイベントで購入されたということでした。

購入品

今日も沢山のサンショウウオ達を連れて行ってくださり、

まだまだ隠れファンがたくさんいることに、感謝した

次第でした。

お知らせ

8月12日(金)、230の工房と展示室より

AKT秋田テレビの生中継が放映されます。

番組は「キャッチアップmarimariプラス」内の後半で、

中継コーナーの石垣政和さんの「あっぱれ!昼飯前」

10:45頃~工房より9分間

CMはさんで

10:58頃~展示室より9分間

ぶっつけ本番のLIVEなので、どんなハプニングが起こるか

分かりませんが、県内の方、時間のある方は見てね!

 

 

バターケースの新作

暑い暑い夏の到来でうんざり気味ですが、

まだまだこれからが本番なのでどうしましょう・・・

リョーブ

リョーブが咲き始めました。

どデカイ鉢植えですが、段々運ぶのも大変に

地植えするとデカくなるのでこの先どうしたらいいか・・・

今日も2回目の木工教室の為、ブログ更新が

午後になりました。

今回は小枝を使った箸置きの制作でした。

箸置き削り

好みの材料で枚箸置きを削っています

ノコギリ作業

削り終わった箸置きを、所定の長さに切断中

子供は慣れるとすぐに上達!

皆さん上手に箸置きを完成させ満足気

また機会があったらお手伝いしたいですね。

今日の作品紹介はバターケースの新作です。

オーダーの箱の制作があったので、使う道具類が

同じことから、新材で欠品補充です。

テンプレート

前回使ったテンプレートが痛んでいたので新調

堀込部分と蓋の入る部分の加工治具ですが、

きつすぎてもダメ、すき間があり過ぎてもダメ

微妙なクリアランスの嵌めあいにするのが一番の仕事

理想のすき間感覚にテンプレートが出来れば

もう半分以上できた感覚になります。

掘りこみボーリング

ビットで削る前に、掘り込み部分を荒堀りしておけば、

負担が掛からず楽に仕上げられます。

掘りこみ

僅かな面積を削ることで、刃物や作業時間の軽減に

完成したバターケースは拭き漆仕上

アカシアのバターケース

新材のアカシア使用のバーターケース

エンジュのバターケース

もう一種はエンジュを使用しています。

今回は3個しか作っていなく、いつ迄もってくれるかな?

秋のクラフトの選考結果もポツポツ入ってきました。

近くイベント情報にアップいたします。

 

木工教室

今日は午前中、大雄交流センターで木工教室があり、

ブログ更新が遅れてしまいました。

会場は八角形状の変わった建物

ついつい小規模クラフトイベントには

もってこいの施設かな?なんて思いも・・・

木工講習説明

夏休み突入とあって、小学生がメイン

材料や道具の説明を

木工講習補助

時には手を貸しながら

アクセサリー製作中

思い思いのアイディアで、全員ネックレスやチャームが完成!

何とかお勤め出来ました。

次週は箸置きの制作をテーマに講習が続きます。

前半イベントが終了し、少しのんびり感が出始めましたが、

オーダー品をメインに補充の制作もやってます。

こういう時期にしかできないこともあります。

機械類のメンテや刃物の交換等々・・・

切れなくなったプレナーのブレード交換

プレナーブレード

注文のかんな盤の刃が届いていたのでこの時期しか・・・

ブレード交換

ブレードを外してみると

ブレード新旧

切れない右側の刃は少し錆が発生していますが、

目だった刃こぼれも無く、新品とほぼ変わらない状態。

でも切削面は肌が荒れ、次工程の研磨作業に手間が

掛かります。

新品ブレードに交換セットし削ってみると

ブレード交換後

右側が交換後の肌ですが、画像ではサッパリ分かりません。

ですが、触ってみるとツルツルで切削面が輝いています。

これだけ違えば研磨工程が相当時間短縮になり、

カンナを掛けることもストレスなく、機械にも

人間にも良いことづくめ間違いなし!

もっと早くやればと思うのですが、忙しい時には

そんな時間もなくお互い働かせっぱなし

急がば回れですかねぇ・・・

時間のかかる小さなアイテムの枝豆箸置き

枝豆箸置きカット

時間の合間に外形を作っておきました。

枝豆箸置き研磨

とにかく工程が多く、形を作るだけでもかなりの時間

この先研磨も数工程、耐水処理も・・・

値段を考えると手を掛けたくないのが正直なところ。

でも無くなればまた手を出す!ジレンマです。

沢山の要制作品がありますが、スケジュールに沿って

秋に向けそして暑さと戦いながら・・・