山菜シーズン突入

GWは手創る市に始まり、その後はほとんど毎日山・山

同時にいろいろな種類が収穫できて少々困惑!

通常は日ごと変わる山菜が楽しみなのですが・・・

コシアブラ

コシアブラはそろそろ終わりに

野セリ

野セリはいろんな草が混じって取りにくいのですが

せり

かき分けながら一本一本摘み取れば立派なセリに

横手では、セリ蒸しという料理が定番です。

ワラビ

ワラビも出始めました

画像から4日後に行くと、画像範囲に30本ほど出ていて、

そんな状態が山全体で採り切れません。

ゼンマイ

ここはゼンマイも同時に生えて、ワラビの後はゼンマイ集中で

ゼンマイ乾燥

処理が面倒なゼンマイはほどほどに、

ざるの中は乾燥済みで他は乾燥途中です。

これだけですが我が家では使いきれません!

10数年ぶりにいつもはいかない近くの山へタケノコの様子見に

細い笹竹が出始めたばかりなので、根曲がり竹クラスの

竹やぶにはまだ姿が・・・

辺りにタラの芽が見えたのでこちらに集中!

誰も採った後がなくこちらも採り放題

それもそのはず、3m以上の高い木なので届かないのです!

でも昔取った杵柄で、苦も無く大量に

タラの芽

乱獲場所でなかったのかビッグサイズです!

通常サイズの2~3倍がゴロゴロ

度々根元からノコギリで切り倒し、タラの芽を採っていった

あとを目にしますが、悲しくなります。

枯渇しないよう先っぽのみ採り、脇芽は採らないよう!

そうすればいつまでも楽しめます!

帰路再度竹やぶを覗いたら、2~3本タケノコが

リュックを下ろし、少し駆け居ると出始めがポツポツ

タケノコ

初物が取れました!

今週からが楽しみで、まだ初物山菜採りがた~くさん!

昨年、今年とコロナ禍がもたらしたご褒美かも・・・

こんなわけで本業はなかなか時間が取れません。

それでもご依頼された品物だけは

持ち手

新材で持ち手を作りました

神代ケヤキ

数百年以上も土中に埋もれた神代ケヤキ

自然に染まった色は重みがあります。

コシアブラ

コシアブラ、クルミ、クリの黒染め

コシアブラ材は珍しく、黄緑色がかった色目が良いですね!

この他にもいろいろありましたが、お客様へ梱包済みで

残念ながら紹介できませんでした。

もう半月ほど本業、山菜採りが逆転しそうです。

 

昨日は母の日

日頃家事を頑張ってくれている家内へ、

230のHP製作・立ち上げ者でWebアドバイザーを

してもらっている息子より

母の日亮平

リネンストールが、ちょうど探していたのでグッドタイミング!

インスタで230の作品紹介の娘からは

母の日美紀子

ハイドランジア、鉢物を外へ出し部屋が寂しくなったところへ、

こちらもグッド!

さて、父の日が楽しみですな~(笑)

今日は長くなりましたが、「こでんてん」が開催決定です!

6月12日~13日で、230はいつも通り松の湯交流館に

ゆったり目の配置で出展いたします。

今後の状況変化でまだ安心はできませんがお楽しみに!

 

 

 

 

手創る市2021

あきた芸術村(わらび座)の手創る市へ行ってきました。

自宅よりみずほロードを走り45分の近場の好立地

若葉が芽生え始めた山間農道は目を楽しませてくれます。

芸術村ひろば

当初は2日間とも天候が悪そうでしたが、予想に反し

朝から恵みの陽が溢れてきました。

広場中央のシンボルツリーでしょうか?

芽生えたばかりの小さなハート型の葉っぱ、

カツラの大木を目の前にスタンバイです。

広場風景

好天のせいか朝からたくさんのご来場者です。

店構え

早々とご来店のお客様もあり、気分的にも高まる日です。

外風景

始まって間もなく、お客さんもだいぶ入ったころ、

あちこちから警報音が鳴り響く!

地震警戒アラームで一時騒然となりましたが、会場では

間もなく何事もなかったように・・・

サンショウウオ

3年目のサンショウウオもまだたくさん養殖中

この日もリピーターさんが2匹目、3匹目と・・・

150%サンショウウオ

画像右下の150%サイズサンショウウオは、なぜか

ゼブラウッドのみ足が速く、この日も上の大きなカキ材と

セットで旅立ち在庫切れに

アート作品

芸術村だけにあちこちにアートが置かれています。

それを探しながら散策するのも楽しいですね。

もちろん音楽生演奏もやっています。

外風景2

穏やかだった陽射しも2時過ぎには曇りだし、

ぽつりぽつりと心配した雨模様に。

早めに雨対策はできていたので慌てることもなく・・・

3時過ぎには早めの撤退可の指示が出て、余裕の

帰還ができました。

天気のお陰で沢山のお客様とお買い上げをいただき、

良い1日目を終えることができました。

2日目はどう足掻いても雨は避けられません。

2日目

ところが会場へ着いて準備完了まで雨は無し!

ラッキーは続いてます。

2日目会場

開場時間には少し降り始めましたが、大降りはせず

雨模様の割には来場者があります。

お馴染みさんが悪天候にもかかわらず、遠方より

駆けつけてくれました。

今年初出会いでしたが、レアウッド材のサンショウウオを

3匹お連れいただき、Aさん宅はサンショウウオの大家族で

どんなふうになっていることでしょう。

肌寒い2日目でしたが、撤収時間に迫るとまたまたラッキー!

雨がパタッと上がり、身体、作品とも少しも濡らすことなく、

本当に助かりました。

心配された開催でしたが、関係者の努力により開催されたこと、

またご来場いただいた沢山の方々に感謝申し上げます。

御買い上げ頂いたサクラの樹皮の花器、お店に飾っていただき

ご投稿いただきました。

安藤醸造

ご紹介いただき有難うございます!

今後の予定ですが、少し時間が空き今月末です。

新たに企画された秋田ふるさと村「緑の丘のマーケット」

5月29日~30日 屋外(お祭り広場)

いろいろなジャンルが出店しますのでお楽しみに!

 

 

 

 

DIYの一週間

記録的な大雪でしたが、その後の好天続きで

雪の無かった昨年並みの春山になってきました。

 コシアブラ2021

散歩で初めて近くの山に立ち入ると、昨年同時期同様に

コシアブラが芽生えています。

しかしあたりを見回すと少し異変が・・・

例年と違い、どれも細く短く痩せた芽ばかり

採り過ぎたせいか?急な暖かな天候についていけなかったのか?

それでも天ぷらにして、美味い!

炒め物も最高です!初ワラビも最高でした!

少し離れたところの車で行く野生のセリは、途中がまだ

雪で行けなく、豪雪地の中の更に豪雪地の違いが露でした。

DIY

物置整理

第一工房前の旧車庫、雑然とモノが置かれどこに何が・・・

外に置いてある除雪機も収納しなければ、ということで

重い腰を上げました。

物置整理

棚を設置しモノの見える化、そしてスペースを確保して

外にはドアを取り付け、無事除雪機が収まりました。

そしてもう一つのDIYは屋外にある木道の改修

木道整理

防腐・防虫処理をしているため15年も何とか

持たせましたが、あちこちひどい状態で・・・

壊れていない部分は現状を土台にしてコンパネを敷きます。

コンパネ敷

傷んだところは補強してからコンパネを

人工芝

その上に人工芝を貼り、防水対策を

人工芝木道完成

今はほったらかしの庭になりましたが、これを機会に

少し時間を掛けられるようになればと・・・

こんなわけで本業は何もできなくメガネブローチのみ

メガネブローチ

いつもたくさん作るわけではないのですが、気が付けば

展示ケースが空になっています。

今回は金具も3個しか無かったのでその数のみ

縞コクタン、タガヤサン、ピンクアイボリー

ピンクアイボリーメガネ

ピンクとイエローハートのコンビメガネは、

色はもとより樹種としての希少性からも

お勧めの逸品です。

今週末はあきた芸術村(わらび座)の手創る市です。

展示いたしますのでぜひ見に来てください!

天気あまりよくなさそうなので、コロナ・寒さ対策万全に!

 

 

 

 

ボタンを2タイプ

横手のサクラも満開となり、冬囲いもようやく

工房開放

第2工房も解放され、きれいな空気で一服できます。

日よけ・雨よけシートもサイズアップされ、

雨降りでもバーベキューが心配なくなりました。

今週は久しぶりにボタンを作りました。

足の速い人気の2タイプですが、作り方は

真逆の工法になります。

エンジュ木取り

まずエンジュは丸太から板状に木取り、角~8角

そして円盤状に整形します。

ブナ木取り

ブナは角材から丸棒に加工し、スライス後立体整形

樹木を横から加工するタイプと木口から加工するタイプでは、

杢目が全く違います。

エンジュ研磨

左がペーパー仕上げ、右がそれを研磨スポンジでの加工後

穴あけ

そして穴あけ~面取り加工

通常の木工用面取りカッターは、加工面がブサブサで

バリも立ち、後処理が大変になりますが、

画像のカッターは違います。

特殊な金属を加工する刃が20枚も付いているカッターで、

面倒な後処理がいらなくなります。

そんなこだわり加工も刃物好きから・・・

木地完成

完成したボタン木地2タイプ・4種

こんだけ細かな作業が連続すると、さすが首・肩・指が

悲鳴を上げますが、喜んでもらえる顔を想像すれば・・・

拭き漆

算盤玉作りのような自動機があれば簡単ですがね!

1個1個漆を刷り込み、研磨してまた・・・

漆を吸い込むと杢目も鮮やかに

エンジュ30、25ミリ

30ミリと25ミリのエンジュ、白太使いの隈取模様

ブナ30,25

こちらは30ミリ、25ミリのブナ

木口面を加工しているので、木の導管が模様に現れます。

手間のかかるアイテムですが、これより小さなサイズも

おいおいと・・・

残念なお知らせですが、たざわこクラフト市が

秋に延期となりました。

10月~11月になると思いますが、日程確定までは

しばらくお待ちください。

そして

手創る市

あきた芸術村の手創る市は、予定通り5/1~5/2

開催いたします。

お近くの方、それ以外の方も見に来てくださいネ!

 

 

2021年の初イベント

今年初参加のイベントが、奥州市で行われました。

前日、当日と早朝は夜間の降雪で白くなりましたが、

道路は影響なくノーマルタイヤで・・・

現下では、県をまたぐ移動には懸念がありますが・・・

七福神前

会場前の街路樹キンモクセイがお出迎え

道路挟んで右奥が会場、左が慶徳公園と好ロケーション

慶徳公園

枝垂桜がほぼ満開近くになり、バックの

大木のしだれ柳の若葉も鮮やかで綺麗でした。

マルシェ会場

大きな駐車場がマルシェ会場

ハピネスマルシェと名付けられたマルシェで、

今回はスケジュールが合ったので、お誘いを受けての

初参加となりました。

230ブース

雪が降るほどの寒の戻りだったので寒い、寒い

一日ダウンを着込んで暖かい飲み物で・・・

今回の花

いつも華やかに飾りたい花器ですが、今の時期

庭先にはな~ンも無いので、冬越しした葉牡丹の

先っちょを差し込んで間に合わせ?

新作イヤリング

新作のイヤリングも並べました。

が、これはかなり時が経ってから・・・

娘に画像を送った時、イヤリングの画像を催促され、

出ていないことに気づきました。

壊れないように大事に箱に入れていたため出し忘れ(*´∀`*)

ドングリ群

カラフルな新作ドングリも気持ちよさそー

カトラリー

テーブルウェアも良く手に取ってご覧いただくアイテム

でもやっぱり一番人気はここでもサンショウウオ!

インスタで狙いをつけていた方々が1匹、2匹と

複数お買い求めの方も・・・

寒さ+強風で客足も今一でしたが、その割には

まずまずの一日でした。

何よりテントが飛ばされずホッ!

あちこちでテントがひっくり返る天気の初日でしたが、

2日目は穏やかに青空・花見日和

朝から客足は多いよう!

でも、よくあるある傾向の一日が予想されます。

結果は案の定でした。

天気がいいので日向ぼっこしたり、花見に出かけたり、

ゆっくり休養?の感じの日でした。

今回は柿の蓋物が在庫切れだったので急遽製作

蓋物各種

そして新作の洋ナシも新登場です。

皆さん蓋を持ち上げて楽しそう!

製作中蓋物

製作中の蓋物各種、一枚板の厚物は少ないので、

杢目を選んでブックマッチで上下を加工します。

始まったばかりの今季イベントですが、これから

本格クラフトが予定されています。

どうかコロナも落ち着いて、予定通り開催され

皆さんに喜んでもらいたいです!

サンショウウオ第2弾

雪消えの散らかった敷地内の片付けが続きます。

剪定の枝

剪定や拾い集めた枝の山が、あちこちに山積みに

ゴミに出すにはハサミで細かく・・・

大量なので手が痛くなり本業にも影響が?

シュレッダー

20年以上前に買ったガーデンシュレッダーを

思い出しました。

買ったときは面白くてやっていましたが、その後は

ホコリのかかったまま小屋に、果たして結果は

粉砕枝

軽快に仕事をしてくれました!

細かくなった枝類はゴミに出さず、木の根元中心に

敷き詰め、保湿とクッションやがては肥料に

☆サンショウウオ第2弾

先週たくさん作りましたが、見た目赤系が不足

赤系中心に補充しました。

赤系サンショウウオ

深みのある赤いサティーネは、加工の時の香りが最高

バラの香りがして気分も乗ります。

右のピンクアイボリーの色は最高です!が

残念ながらご予約の方に・・・

サンショウウオいろいろ

今年も樹種・彩充実です。

☆イヤリング

インスタでも紹介していますがここでも

ハートイヤリング

レアウッドのピンクアイボリーやイエローハート

こういった樹種を見ると作りたくなります。

四つ葉イヤリング

緑のパロサントはやはり四つ葉ですかね。

アクセサリー屋さんではないので、あまり作りませんが

見てください!

☆フレーム・額縁

フォトフレームも補充です。

フォトフレーム

画像は在庫の額縁や新作のフォトフレーム

梱包フレーム

荷姿になりましたが、これらは土沢の

クラフトアートいちびっとさんへ発送です。

只今”ポストカードと額縁展”が開催中です。

お近くの方はそちらでご覧ください!

新作はまだ手元にもありますので・・・

そして今週末は

ハピネスマルシェ

今季初イベントハピネスマルシェです。

今のところ予定通り開催されそうです。

万全の予防対策でお待ちしていますので、

皆様も予防対策の上お越しください!!

サンショウウオを補充

雪消しをした庭から、悲惨な姿の庭木が続々

雪害バラ

雪の重みで枝が沈み、バラバラの蔓薔薇

思い切って短く剪定し誘引しなおしです。

誘引後の薔薇

細いモモやリンゴの木も根元からバッサリ

薔薇2

薔薇以外も酷い状態なので、手間が掛かりそうです。

 

大黒柱のサンショウウオですが、確認したら寂しい数

仕入れしておいた材料を木取りしました。

サンショウウオ材

在庫でなかった材料中心ですが、超レアなココボロ、

スネークウッドも含まれます。

脂分の多い材料が多いため、研磨は難作業が続きます。

パロサント研磨

画像のパロサントやビーフウッドは、一匹研磨終わる前に

ペーパーはご覧の通り目詰まり

サンショウウオ完成

整形後の研磨だけで4工程を終え、完成した面々

この後オイルワックスで

スネークサンショウウオ

超重厚なスネークウッドサンショウウオ

ココボロ

ココボロはもう少しオレンジが強くなるはず

パロサント

パロサントはまだ緑に成り切れておりません。

布用フレーム

まだ形にはなっておりませんが、布用ネックレスフレームも

製作中で、4月のマルシェには欠品なしで望めそう。

 

そして家内も頑張って

エコバッグ

人気の新聞エコバッグを作っています。

数に限りがありますが、御買い上げの方には

運が良ければ・・・

天気が良いと外が気になり集中できません。

タイヤ交換、冬囲い外し、いろいろやること溜まってます。

 

今年も秋田ふるさと村、アート&クラフトフェアに

選考していただきました!

久々の時計製作

芽吹き前に庭木の消毒を依頼しました。

庭木消毒

硫黄合材でアブラムシ駆除です。

薬剤で雪は黄色に変色、2時間ほどで無色になります。

久々に時計の製作をしました。

特に置き時計は5~6年は作ってないかも・・・

時計木取り

今回は特徴的な形にこだわって木取り

ボーリング

木取りの終わった材は、初めにムーブメントの

ハウジングをボーリングします。

トリマー加工

仕上げはトリマーですがビットが切れない使えない・・

このサイズのビットは数年使ってなかったので、

研ぎなおしてから再加工でした。

出来上がりはエンジュの股杢部分を

エンジュ2種

ブックマッチして2種

エンジュ1

長短針はピンクアイボリーを使用し、

秒針は全て人気の緑の葉っぱです。

エンジュ2

こちらはイエローハートの長短針

小物を飾れるように木口は厚くし、集めている

あるぼるさんの人形を載せてみました。

神代杉とプラタナス

神代杉とプラタナス

神代杉

木表側の皮目の肌を表面にした貴重な神代杉

重厚さが出てますが、神代杉なので軽いです。

プラタナスのアップ画像は載せ忘れました。

皮目を残し、飾りスペースも作ったのでお気に入りを・・・

クルミ掛け時計

クルミのコブをスライスした掛け時計です。

今回時刻表示がいつもと違いカラフルにしました。

丸棒を立てず、春のせいか色鮮やかに

時刻表示

穴を空け、カシューを流し込んでいるので、色付けとは

異なり立体感と陰影が現れるようにしています。

漆と同様に肉質感があります。

振り子もやっぱり作りたいですね!

モモンガ振り子

掛け時計と同じクルミのコブ材で、滑空モモンガの

振り子時計の完成です。

滑空モモンガは新バージョンです!

子モモンガ

穴の部分から子どもモモンガが覗いてますよ!

在庫切れのモモンガブローチもついでに製作

モモンガ製作

何と言っても目が命なんです

目の整形

切り抜いたちっこい目の研磨整形は疲れますが・・

モモンガ新ブローチ

今期はこの3タイプで、

滑空モモンガと子供モモンガが新たに

ブローチ群に加わりました。

最初のマルシェが迫ってきていますので、

不足・在庫薄品の補充に拍車を掛けます!

 

カヤでたも網試作

サクラの開花宣言が聞こえる頃、まだ雪の中

枝打ち後

ここ10日間ほどで排雪作業も進みました

排雪後

毎日家内とコツコツと努力の結果です。

実家のカヤの木の修復も完了しました。

裂けたカヤの木

雪で裂けた割れ目が20cm以上

ウィンチで引っ張り、ワイヤーで固定

割れ修復

ほぼピッタリくっついた裂けめ

雨が入って腐らぬようにシリコンで防水し完了です。

ついでに混みあった枝も剪定

剪定

てっぺんまで登りチョキチョキ

さすがプロの技と勇気には感心しました。

剪定後

剪定後はスッキリとして陽も根元まで差し込みます。

400年以上生き続けたカヤは、この先も何百年と

生き続けてもらいたいですね。

そして選定した枝を使い、鮎釣りのタモを試作

高級材のカヤは滅多に手に入らない材料です。

タモ作り

まず画像のように左右均等の太さと角度はなかなか・・・

100本以上の中から使えそうなのはたったの3本でした。

そして今の時期は皮が剥けない!

時期的には6~7月がベストでしょうが・・・

曲げ作業

そして慎重に鉢を利用して曲げてインシュロックで固定

乾燥してから継ぎ目を加工し、節取りをして研磨~塗装

こんな工程を想定して時期まで待ちます。

タモ3本

30cm強のサイズが3本取れました。

軽くてしなりがあり仕上がりまで楽しみです!

ドングリネックレスが出来ました。

ドングリネックレス

なんだかんだと50個ほどできてます

ドングリいろいろ

今回は新材もいろいろ使っています

ドングリ3サイズ

今回より3サイズにバージョンアップ

右が従来サイズの20mmで、18mm、15mm

7段階研磨でピッカピカですよ!

☆お知らせ

こでんてんより今年は開催の連絡がありました。

最終判断は4月末になりますが、今年は黒石に

行けることを願っています。

その際は青森の皆様よろしくね!

150%サイズサンショウウオ

週末から実家のカヤの木の修復が始まりました。

幹裂けカヤ

雪の重みで大きく裂けた幹

枝打ち

まずは裂けた幹を中心に枝打ちをしてダイエット

幹修復作業

パワーウィンチを使い、ワイヤーで幹を引き寄せています。

2本掛けましたが裂けめはまだ5cm位あるため、

本日更にパワーアップのチェーンブロックを使い、

くっついたところで薬剤処理の予定です。

カヤの木は大変貴重なため、枝打ちした材料は230の

原資となります。

タモ用枝

画像はカヤの枝ですが、これが高級材に・・・

作ったことはないのですが、鮎釣りのたも網のフレームにと・・

枝が対象で、太さも適度なものとなると殆どないのが現状でした。

材料集めはまだ続きます。

☆150%サイズのオオサンショウウオ

オオサンショウウオネックレスのサイズより、150%アップの

サイズでレアウッドを使い作ってみました。

サイズ比較

かなり大きく見えますが、確実に150%サイズです

型抜き

板厚が10mmから15mmになると、高比重材のため

刃物にはかなりの負担を感じます。

そしてサイズがデカくなった分、削り代も増え

作業時間も格段に増加。

そしてできたのが

150%サンショウウオ

イエローハート、縞コクタン、モンキーポッド

ゼブラウッド、アフリカ栴檀の各サンショウウオ君

150%アップ

重量感が違います

ズッシリです!

☆レアウッドドングリ

数あるアイテムでドングリネックレスが在庫なし!

あったと思っていたのですが意外に売れていたとは・・・

定番で長年人気があるようです。

ドングリ角材

レアウッドをカサと実部分を作る角材を木取り

丸棒加工

旋盤加工で丸棒に

カサと実を地道に削ります。

従来サイズドングリ

完成前のカサと実、これでもツルツルですがもう一手間

ドングリ3サイズ

今回は左の従来サイズに加え、中、小と3サイズ

ドングリ3サイズ

かなりの数になりますが、果たして今年はこれで

持つのか持たないのか?

クラフトイベントの開催数次第です。