コーヒーマグの製作

道路の雪も消え、春間近と喜んでいましたが

2/21あさ

今朝は一転!ホワイトアウト状態

まだ喜ぶのは早い豪雪地帯です。

そして残念なことは、2月のイベント3か所すべてが

コロナ感染拡大により中止となりました。

安全に開催されるイベントまで、皆様には楽しみに

お待いただけますように・・・

試作した新タイプのレンゲスプーンが完成

サクラレンゲスプーン

浅く肉薄タイプなので、アイスクリームなど

すくい取るスプーンとしても便利かも です。

ヤマザクラを使っています。

冬前にオーダー頂いたマグカップの着手です。

キャンプシーズンが来るまでの納期だったので、

ようやくという感じでお待たせしています。

マグ木取り

厚さ12cmのクルミ材より木取り

マグ加工

中ぐりは特殊なカッターでボーリング

底が深いので、底をさらう切削作業が難作業

研磨作業も手が入らないため、自作研磨ロールで

ツルツルに内側を仕上げています。

中ぐり完成

オーダー品のほか予備とビアマグも

マグの彫

持ち手部分を作り、外周は手彫り仕上げ

その後は拭き漆仕上です。

拭き漆1回目

オーダー分の拭き漆1回目

これから研磨拭き漆を数回繰り返すと完成です。

高さや取っ手部分の長さも指定通りに上がっています。

ご夫妻分で取っ手の穴径は、奥様用を少し小さく

仕上げています。

仕上げ塗までもう少し掛かりますが、喜んで

使っていただけますように・・・

ビアマグ

ビアマグともう1個のマグはこちらです。

これも完成までもう少し

以前谷中ボタンギャラリーさんよりオーダー頂き

納品したボタン木地が、驚きの作品として完成し、

画像をいただきました。

谷中ボタンギャラリー1

DSC_1754

木地は下地の塗を経て、蒔絵師さんのところで

絵付けされた作品です。

蒔絵師は松田祥幹氏、表には見えない仕事でしたが、

著名な作家の基の仕事をさせてももらえるだけでも

励みになります。

谷中ボタンギャラリー2

DSC_1750

今回の作品の出来上がりから、また沢山の様々な

オーダーをいただきました。

オリンピックも終わりテレビに噛り付くことも

無くなった今週からは、他のオーダー品にも

ジックリ向かい合えます。

 

 

 

 

2 thoughts on “コーヒーマグの製作

  1. 2月にはお会い出来るのを楽しみにしてましたが………残念です‼️もう少し先にお預けとなりそうですね。雪もオミクロンも、もうもうさすがにお腹、心がいっぱいです
    どうぞお二人、ご自愛してお過ごしください❤️桜咲く頃にはお会い出来ますように。

  2. >kuoさん
    ぜ~んぶボツになりましたね。元々例年は無かったイベントなので、
    そんながっかりもしてませんけど・・・
    ワクチン打って、暖かくなったらお会いしましょう!

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です