第一回サムカゼトクラフト

初めて開催されたサムカゼトクラフトへ行って来ました

場所は男鹿半島への入り口、天王グリーンランド

天王グリーンランド

ここへは男鹿へ行く途中、道の駅には何度も

立ち寄っていた場所です。

会場全景

道の駅に隣接するピクニック広場はとても広く

初めて入りましたが、バーベキュー施設があったり

子供の遊具、大きな池・・・

家族連れで賑わってテンションアップな環境です。

230ブース

出展者数を厳選したということで40弱と少なめ

ゆったりとレイアウトされ、隣との間も気にならず

そして何よりなのがこの秋初めての雨無し初日!

そこで気になるのが初回開催なので客足です。

回を重ねるクラフトとは違いやはり少なめ

ブース1

それでも230ブースにはかなりの割合で

結構な人が立ち寄ってくれます。

ブース2

純然たるクラフト目的のお客様がどれくらいなのか?

道の駅への納入者、買い物客、近所の方々・・・

テントの姿を見つけて来たという方々が結構いました。

中には秋田アートクラフトで、オオサンショウウオの

大きな置物を買いそびれた方が求めに来てくれましたが、

それ以外は初めての方々ばかりでした。

アイテム全般が人出の割りに好調な230でしたが、

気になるのが2日目の天候です。

主催者から自己判断で明日の出店予定を決定して下さいと・・・

台風はまだ大丈夫と思いましたが、前線の位置が

とても気になり、鳥海クラフトのような突風や豪雨の二の舞はと

勇気ある撤退を決断。(半数近くが撤退でした)

お客様や主催者には申し訳なかったのですが、

何かあってからではと転ばぬ先の杖です。

秋の気配

暑くもなく、寒くもなく、心地良い秋の一日でした。

で、ここは漁港も近い道の駅、農産物の他に

海の物も沢山ありますので、目的の物を求めに・・・

帰宅してから活カニを茹でました!

茹でカニ

メスのズワイガニです

外子

メスなので小さいですが外子をビッシリ抱えています

内子

中には内子もタップリと

なかなか出会わないメスの子持ちズワイガニでした。

うんめェ!がったな~

ちなみに普段カニを食べない家内も口にしました。

出展回避した2日目でしたが、強い風雨もなく

予定通り終了したようです。

2日目を予定していた方々には、申し訳ありませんでした!

次回出展は、10/7(日)~10/8(祝)の

土澤アートクラフトです。

雨の心配の入らない建物内、春と同じ

賑わいステーションの一番前でお待ちしてます!

 

 

 

 

雨と晴のまつやま大手門

今回は酒田市のまつやま大手門くらふとフェアです。

またまた雨中の早朝出発で、止む気配はまったく無し。

7時過ぎ会場へ着き、雨具着用で準備に

相当風雨が強かったらしく、前日搬入の隣のテントは

雨の重みで潰れていました。

他にも飛ばされて、グシャグシャになったテントの残骸が

先を思いながら慎重な設営となりました。

20180924-2

今回も雨バージョンの設営で、お隣さんのピンクテントは

知り合いの作家さんで同バージョンです。

閑散会場

始まっても雨は止まず閑散の会場内ですが、

それでも熱心なお客様が立ち寄ってくれます。

お馴染みさんやインスタを見て山形市より駆けつけてくれた方、

お目当てのハニカムパン皿を2個も!

会場により売れ筋作品に傾向があり、この日は

丸型のハニカムパン皿やミニも・・・

2日目のことが心配になってきました。

午後からは晴れ間も出てきて同時に客足も順調に

雨降りでしたが、まあまあの一日でした。

夜は同じホテルだった青森から出展の先輩作家さんと

居酒屋での食事でした。

6月以来の久々の語らいで楽しませてもらいました。

2日目は予想通り好天のクラフト日和に

2日目ブース

雲はあるものの陽射しは強く、日よけ対策バージョンで

木工品は直射を当てたくないもので・・・

2日目ブース

雨上がりを待ってましたとばかり、朝から沢山の方々が

230ブースに立ち寄ってくれます。

2日目会場内

会場内は大賑わいになってきました。

お馴染みさんも沢山立寄ってくれ、昼過ぎまでは

大忙しの対応となり、昼食もタイミングがずれて・・・

新作カエル

新作カエルもお得意様の元へ跳んでいき、

ナマズやサンショウウオの棚へ仲間入りだそうです。

この日もインスタを見て下さる方々が

使い方等を提案している作品を求めて、

これが欲しかったの!

じっくり見ていただき、喜ぶお客様の笑顔を拝見すると

230も幸せを感じます。

オオサンショウウオはこの日もたくさん旅立ち、

大きな置物も在庫なしに。

でも次のサンショウウオも順調に育っています。

準備のサンショウウオ

ほぼ完成形が次の出番を待ってますので・・・

パン皿準備

ハニカムパン皿ももう少しで

次のサムカゼトクラフトまでには間に合います。

お目当ての方々にはがっかりさせないように、

欠品しないよう持っていきます。

ぜひ天王グリーンランドでの第一回

サムカゼトクラフトへお出かけ下さい!

40116305_712999459049721_3808834834122407936_n

 

ケアレスミス

3連休は祖母と両親の法事があった為、

イベントは一週空きました。

姉弟はそれぞれ頻繁に会ってはいますが、

一同に会するのはそんなにあるわけではないので、

久々に遅くまで飲みました。

 

ブース内を華やかにしている振子時計が

一台となっているため、新作の製作です。

3台取り掛かったのですが何か変です。

 IMG_7196

一見普通に加工されているようですが・・・

見事に中心軸がずれているんです。

裏の彫りこみ

しかも一番手間取る裏の彫りこみまで終わっているのに・・・

これで出来ないわけではありませんが、バランスが悪く

オシャカです。

中心軸の穴を6時の位置にあけたのです。

全体に6cmほど下に来たため、掘りこみの時も

何かいつもと感覚が違うなあと思いつつ・・・

彫りこみ終わるまで判りませんでした。

いつもケガキは中心だけですが、今回は何故か

中心と時刻表示の12箇所も一緒にやっていました。

3台の内2台も単純な不注意のミスです。

今まで数多くの時計を作ってきたのですが

初めてのミスでした。

疲れ?老い?焦り?

救いはいちおし材のイタヤカエデは無事でした。

命拾いした一台です。

イタヤの振子

今回の振子はフクロウさんで

振子キャラ

枝に2匹の子フクロウを

縮み木目

縮み杢がギラギラ輝くイタヤカエデです。

命拾いの振子時計はまつやまへ連れて行きます。

このほかには

ナチュラルボウル

チェリーのナチュラルエッジのミニボウルは

塗装も終わり完成です。

持ち手の製作

持ち手の新作も間に合いそう

カキ材

画像の材料はカキ

大きなオオサンショウウオを製作する材ですが、

マーキングの箇所は釘だらけ。

釘を避けて木取りするのですが、嫌な作業です。

よその家の屋敷内にあったカキの木でしたが

屋敷樹にはよく釘が打たれています。

昔は物干し竿などを釘で止めていたんですね。

数年前こんな釘だらけの丸太を、230の行く製材所では

帯鋸刃を変えて、快く挽いてくれたもんです。

サンショウウオ用の大事な材ですから・・・

今週末は酒田市の松山へお邪魔します。

エンジュ時計材

綺麗なふっかふかの芝生で気持ちの良い

まつやま大手門でお待ちしています!

 

 

雨中のクラフトフェスタ鳥海

予想通りの2日間とも雨中の鳥海でした。

横手を出る時から雨降りで、憂鬱な出発でした。

ラッキーなことに、搬入~設営の時だけは

雨から開放されて、濡れることなく準備万端に。

雨中の会場

客足は当然少なく先行きが心配なスタートでした。

設営ブース

テント内は薄暗くなりましたが、雨対策はバッチリ!

来場者が少ない割りには、230ブースには

馴染みのお客様たちが雨の中、足を運んでくれました。

DMを出した方々の顔を見るだけで元気が出ます。

最初のお客様は、230の持ち手で絵皮バックの

製作をする作家さんでした。

昨年の作品も都内のギャラリーでの個展で

お客様の手に渡ったと聞いて嬉しい限りでした。

今回も次の作品のためのお買い上げをいろいろと・・・

またいつも置き物等を求めて下さるKさんも、

やはり初登場の大きなオオサンショウウオをゲットです。

雨の中有難うございます!

ブース内1

なかなか止まない雨で、テント内からブース内を

ブース内2

コブ材の花器や壁掛け一輪挿しの花は自宅より持参。

水揚げもバッチリできて、花を褒めて下さる方々が沢山。

でも花器もバッチリお持ち帰りいただいています。

3時頃からは雨も上がり、少しずつ客足も増えクラフトらしく。

この日はいつもの酒田市内のホテル泊まり。

お腹を空かして戻るので、食事はすぐ出来るように

予め予約しておきます。

ワンドリンクサービスですが、この日は特に

もう一杯サービスとの事でラッキーでした。

2日目も会場入り後は傘も入らなくなりましたが、

昼近くからはやはり雨がだんだん酷くなります。

それでもDMが戻ってきて連絡が付かなかったお客様が

訪れてくれました。

住所が変わったのか聞いてみると何ら変わらず?

何とも変な出来事だったのです。

でも何より一年振りに会えた事は嬉しく、

そして毎度のお買い上げでありがとうです。

会場2

昨日はドシャ降り時に会場に着き、車から降りずに

戻られ、本日改めてのご来場のお馴染みさんも。

この地区は律儀なお馴染みさんが沢山おられ

とっても助けられます。

予報どおり雨と風が強くなり、2時頃には

事務局の英断により撤収の号令が・・・

風雨の店じまいとなりました。

2日間悪天候でしたが、230ブースには

以外とお客様に立ち寄っていただき成績大健闘!

いつもより早い戻りだったので、帰路にかほっとへ。

大好物のカニを買うためです。

肴

大健闘のご褒美にこれで祝杯!

カニを食べない家内には申し訳ないのですが・・・

次回のまつやま大手門までは一週空きます。

お待たせの納品物やサンショウウオの補充など・・・

それから新作も・・・濡れたテントやシートの乾燥・・・

いろいろありすぎて(;´ロ`)o(;-_-;)o

 

 

 

受注品で一週間

なかなか秋が進まない気温の毎日です。

先週は、たかまつParkクラフトでのお客様が、

お買い上げ作品を気に入っていただき、

2日後には自宅への訪問を受けました。

たくさんお持ち帰りいただき、ほんとに感謝です。

そして委託製作や受注品の製作であっという間です。

その中のひとつ

サインプレート

あるお店のサインプレートも完成しました。

お店のマスコットを組木絵にしています。

納品準備

今日は引き取り品やら発送手配やら・・・

そんな訳でなかなか新作や補充の製作が

滞り気味で少々焦りも(⌒_⌒; タラタラ

でも何とか合間を縫って新作も形にしてます。

一輪挿し1

流木や埋もれ木での壁掛け一輪挿し

一輪挿し2

上下の樹皮下部分の風合いが最高です。

樹種はハッキリしませんがナラ系材です。

一輪挿し3

こちらはモミジかカエデ

長尺1

これもナラと思われ、一部にトラ斑が入って

長さは90cmあります。

長尺2

長尺タイプその2

花入れ部分はメタルのクロム(ブラック)仕上げ品

全て拭き漆仕上げとしました。

次回イベント、クラフトフェスタ鳥海よりお披露目です。

頑張ってまだ作っています。

新パン皿

パン皿の新タイプです。

丸は直径20cmで、軽くて薄めのお皿タイプに

左の変形の物もお皿の形に仕上げ、24cmです。

チェリーのナチュラルエッジミニボウルも製作中ですが、

乾燥中のため出来上がりにはもう少し時間が・・・

そして今度の土日は

38404729_1967317323312389_283435891274285056_n

遊佐町でお待ちしております。

たくさんの方々とお会いできる事を

楽しみにしています!

後半のイベントスタート

後半最初のイベントで、8/25盛岡の

たかまつParkへ行って来ました。

この日は大曲の花火があり、早朝から秋田道は

秋田方面への交通量がとても多いです。

230もいつもは大曲の花火なのですが、

今年は仕事優先で・・・

会場へ着いて支度中、突然の豪雨が

空模様が怪しかったので、事前に雨対策から

入ったので事なきを得ています。

会場1

北側は青空ですが、画像に入っていない西側は

雨雲で覆われてまた何時くるかの状況。

ブース内

いつもより少なめに展示したブース内

会場2

開始時間には展示が間に合わず、何人かの

お客様にはご迷惑をお掛けしました。

会場3

2回目ですが、雨や暑さの夏のイベントとなり、

初回のような人出とはなりませんでしたが、

リピーターさんや他のイベント時で買いそびれた

お客様などが訪れてくれました。

やはりサンショウウオは定着化してきて、

ストラップ~ネックレス~置物へと

バージョンアップされる方々が多くなりました。

そしていつものようにいろんなイベントも

スイカ割り

夏ならではの子供たち向けのスイカ割りも

○×クイズなど盛りだくさんのお楽しみも

そして予報通り昼ごろから強風も

会場4

雲の流れはとても速く、のぼり旗はバタバタ

数ヶ所飛ばされたテントも

雨と暑さと風で体力消耗の一日でしたが、

一日イベントとしては成果ありで、帰路買い物できる余裕も・・・

花火へ行けば支出でマイナス、仕事はプラスになります。

帰宅したら先日取材の matcyu 届けられていました。

matcyu

9月号に掲載されました

掲載記事

トマトクリエイションさん発刊のフリーペーパー誌

matcyuのippinコーナーで取り上げていただきました。

秋田県内のみならず、東北県内の観光協会や道の駅

主要施設に置いています。

 

製作再開

賑やかなお盆休みも過ぎ去り、今は金足農の

野球で盛り上がっています。

お盆途中から急に涼しくなり、秋を感じる色に

庭も移り変わりつつあります。

ホオズキ

ホオズキは緑からオレンジに

プルーン

プルーンも大分色付きました。

秋の部、製作再開は塗装から

トチの持ち手

トチの持ち手は、ブラックオリーブに着色し、

透明うるしで仕上げています。

ケヤキ持ち手

ケヤキは表側に彫り込みをいれて拭きうるし

ケヤキ2

こちらのケヤキは鋸目仕上げの拭き漆です。

持ち手のくり貫いた部分で、何か転用作品が

出来ないかと考えた結果

ミニカットボード

コースター兼ミニカッティングボード風に変身

ケヤキの表面はハニカム形状に彫りこんでいます。

トチ小皿

トチは美しい木目が目立つように表面はフラット仕上げ

クッキーやお菓子をのせる小皿にもなります。

デザートフォーク

デザートフォークも耐水処理をして完成しました。

サクラ材で持ち手形状をマイナーチェンジしてます。

今週末8/25は、盛岡市の高松公園での

”クラフトParkたかまつ”に出展します。

心配なのが2つの台風の進路ですが、2つとも

どちらかにずれてくれることを祈るだけ。

秋一番のクラフトへぜひお越しを!

お盆前の追い込み

昨日からの久々の雨で、気温も急降下。

一気に10℃以上も下がり上着が必要なほど。

ここ一週間は製作の他いろいろな事がありました。

フリーペーパー誌の取材があったり、技術習得を

目的とする支援学校木工班の先生方を受け入れたりと。

作品製作もいろいろ同時進行です。

一設備で一機に様々な木取りをしたほうが当然効率的に・・・

この間のコブ材の花器は完成しました。

コブの下記

岩山シリーズと命名

花器2

どう見ても岩山にしか見えないので

花器3

限りある材料なのでいつまで続くか?

靴べらスタンド

エンジュの靴べらスタンド乾燥中

結構需要があるんです。

携帯靴べら

携帯靴べらも使う人が多いんです。

パン皿

サクラ材のパン皿で、木地完成状態

デザートスプーン

サクラのデザートスプーンはマイナーチェンジで

持ち手

バックの持ち手の形状タイプは在庫が無かったので、

これではまだまだ足りないし・・・

あれもこれもと補充すべきものが沢山あり過ぎですが、

取りあえずお盆前には塗装前までは進めておかなくては。

それと孫たちが来る前にリクエスト品の製作も!

しばらくは製作はお休みとなりますが、お盆開けには

疲れが出ないよう、孫たちと楽しみます。

 

 

 

 

 

 

前半最終イベント

前半の最後のイベントが昨日秋田市で行われ、

230も猛暑の中出展してきました。

熱波の秋田

会場は県の施設遊学舎でしたが、外は35℃もあり熱波の強風

遊学舎

秋田杉の集成材を組み込んだ大会議室はエアコン完備で・・・

230ブース

展示物の多い230は、気を使っていただき角地に広めに

しかしエアコンの送風口が頭の上で、涼風が通り過ぎて

やや暑め、時々前に出て涼んでいました。

会場内1

午前中は結構人出がありました

会場内2

お昼過ぎからは段々と少なくなり、出展者どうしの

語らいの場にと、どこかで経験した感じ

イベント名も材料市というタイトルどおり、

その道の人に特化したような感じです。

やはり出て行く品物はボタンなど手づくりに関した

小さな品物でした。

今回は木の実飾りやリース材料にも使える

カヤの実を持参しました。

皆さん材料としてではなく、食用に買われる方が多く

今回のメインとして活躍してくれました。

カヤの実

ローストすると香ばしさとコリコリ食感で

アーモンドのようです。

いろんな効用もあるので、みなさん検索してみて下さい!

今回の出展者でもあるナッツ類の専門店

wara no bag のオーナーさんにも認められ、

他の作品含めたくさんお持ち帰りいただきました。

マカダミア

230は美味しさを知っていたので、ホワイトハニーマカダミアを

買ってきました。

そして今回もう一つ買ってきたのが

そばのむき実

鶴形産そばのむき実です。

いつも産直や道の駅に立ち寄った時に探しているのですが、

そば粉はあってもこのむき実がなかなか出会わないのです。

嬉しい事にこんなところで出会いました。

茹がいてから鶏のスープで食べると美味しくて・・・

お勧めの食べ方です!

前半はこれで全てのイベントが終了です。

後半は1ヶ月後にはスタートですが、この間に

どれだけ補充が出来るか心配です。

我が家の最大イベント、孫たちが夏休みで帰省するので

その間は何も出来ないので・・・

どこも暑いのは同じなので、新作含め補充に精を

出しますので、後半もよろしくお願いします。

 

 

円テーブルの製作

猛暑日はまだ記録していない横手ですが、

それにしても暑すぎです。

ちょっとの時間の作業でも汗ダクダク!

一日何回シャワーと着替えをするか・・・

☆円テーブル天板製作

春より依頼されていた円テーブルの天板製作を

ようやく完成させました。

大理石支柱

依頼されていたのは大理石の円テーブルです。

天板の大理石を割ってしまったということで、

重すぎるため今度は木の天板でということでした。

直径は60cmくらいとの希望。

ケヤキ天板

通常カンナ盤は40cm位までが限度で、それ以上は

手押しカンナで地道に平行を出しながら仕上げます。

画像のケヤキの一枚板は幅700・長さ1300あり、

230の仕事ではありません。

でも、県内ではたぶん一台だけであろう1200幅まで

仕上げられる設備の持ち主と知り合いました。

これもクラフト市のお陰で、230作品を気に入って

くれた方が建築業だったのです。

なんなく精度の取れた一枚板が完成したのです。

それからは

バンドソー

バンドソーでサークルカットそして面取りしたり

天板完成

天板の完成です。

表面処理

外に置くテーブルなので、耐水・防腐・防虫処理をしてます。

取り付け金具

天板支え部分の金具はさび付いていたので防錆塗装

天板との取り付けはビス止めに、

金属加工経験者は、こんな時にはチョチョイのチョイです。

完成テーブル

無事納品しました。

☆コブ材の木取り

プラタナスのコブ材花器が事の他好評です。

秋からも継続したいので、予め材料準備です。

プラタナスのコブ材

歪な塊のため、不安定なことから帯鋸では

危険すぎるのでこのままでは無理です。

挽き割り

そこで目標を決めてチェーンソーでまっ二つに

まっ二つ

曲がらず綺麗に挽き割りました。

これで平面確保が出来たので、安心して

造形作業へと入れます。

完成したらアップしますので・・・

後半のイベントへの出展がほぼ決まりました。

予定も含めイベント情報へアップします。

今度の日曜日 7/29は、秋田市の遊学舎にて

出展します。

お近くの方は遊びに来て下さいネ!

皆さん暑さには十二分に対処して下さい!