サンショウウオ第2弾

雪消えの散らかった敷地内の片付けが続きます。

剪定の枝

剪定や拾い集めた枝の山が、あちこちに山積みに

ゴミに出すにはハサミで細かく・・・

大量なので手が痛くなり本業にも影響が?

シュレッダー

20年以上前に買ったガーデンシュレッダーを

思い出しました。

買ったときは面白くてやっていましたが、その後は

ホコリのかかったまま小屋に、果たして結果は

粉砕枝

軽快に仕事をしてくれました!

細かくなった枝類はゴミに出さず、木の根元中心に

敷き詰め、保湿とクッションやがては肥料に

☆サンショウウオ第2弾

先週たくさん作りましたが、見た目赤系が不足

赤系中心に補充しました。

赤系サンショウウオ

深みのある赤いサティーネは、加工の時の香りが最高

バラの香りがして気分も乗ります。

右のピンクアイボリーの色は最高です!が

残念ながらご予約の方に・・・

サンショウウオいろいろ

今年も樹種・彩充実です。

☆イヤリング

インスタでも紹介していますがここでも

ハートイヤリング

レアウッドのピンクアイボリーやイエローハート

こういった樹種を見ると作りたくなります。

四つ葉イヤリング

緑のパロサントはやはり四つ葉ですかね。

アクセサリー屋さんではないので、あまり作りませんが

見てください!

☆フレーム・額縁

フォトフレームも補充です。

フォトフレーム

画像は在庫の額縁や新作のフォトフレーム

梱包フレーム

荷姿になりましたが、これらは土沢の

クラフトアートいちびっとさんへ発送です。

只今”ポストカードと額縁展”が開催中です。

お近くの方はそちらでご覧ください!

新作はまだ手元にもありますので・・・

そして今週末は

ハピネスマルシェ

今季初イベントハピネスマルシェです。

今のところ予定通り開催されそうです。

万全の予防対策でお待ちしていますので、

皆様も予防対策の上お越しください!!

サンショウウオを補充

雪消しをした庭から、悲惨な姿の庭木が続々

雪害バラ

雪の重みで枝が沈み、バラバラの蔓薔薇

思い切って短く剪定し誘引しなおしです。

誘引後の薔薇

細いモモやリンゴの木も根元からバッサリ

薔薇2

薔薇以外も酷い状態なので、手間が掛かりそうです。

 

大黒柱のサンショウウオですが、確認したら寂しい数

仕入れしておいた材料を木取りしました。

サンショウウオ材

在庫でなかった材料中心ですが、超レアなココボロ、

スネークウッドも含まれます。

脂分の多い材料が多いため、研磨は難作業が続きます。

パロサント研磨

画像のパロサントやビーフウッドは、一匹研磨終わる前に

ペーパーはご覧の通り目詰まり

サンショウウオ完成

整形後の研磨だけで4工程を終え、完成した面々

この後オイルワックスで

スネークサンショウウオ

超重厚なスネークウッドサンショウウオ

ココボロ

ココボロはもう少しオレンジが強くなるはず

パロサント

パロサントはまだ緑に成り切れておりません。

布用フレーム

まだ形にはなっておりませんが、布用ネックレスフレームも

製作中で、4月のマルシェには欠品なしで望めそう。

 

そして家内も頑張って

エコバッグ

人気の新聞エコバッグを作っています。

数に限りがありますが、御買い上げの方には

運が良ければ・・・

天気が良いと外が気になり集中できません。

タイヤ交換、冬囲い外し、いろいろやること溜まってます。

 

今年も秋田ふるさと村、アート&クラフトフェアに

選考していただきました!

久々の時計製作

芽吹き前に庭木の消毒を依頼しました。

庭木消毒

硫黄合材でアブラムシ駆除です。

薬剤で雪は黄色に変色、2時間ほどで無色になります。

久々に時計の製作をしました。

特に置き時計は5~6年は作ってないかも・・・

時計木取り

今回は特徴的な形にこだわって木取り

ボーリング

木取りの終わった材は、初めにムーブメントの

ハウジングをボーリングします。

トリマー加工

仕上げはトリマーですがビットが切れない使えない・・

このサイズのビットは数年使ってなかったので、

研ぎなおしてから再加工でした。

出来上がりはエンジュの股杢部分を

エンジュ2種

ブックマッチして2種

エンジュ1

長短針はピンクアイボリーを使用し、

秒針は全て人気の緑の葉っぱです。

エンジュ2

こちらはイエローハートの長短針

小物を飾れるように木口は厚くし、集めている

あるぼるさんの人形を載せてみました。

神代杉とプラタナス

神代杉とプラタナス

神代杉

木表側の皮目の肌を表面にした貴重な神代杉

重厚さが出てますが、神代杉なので軽いです。

プラタナスのアップ画像は載せ忘れました。

皮目を残し、飾りスペースも作ったのでお気に入りを・・・

クルミ掛け時計

クルミのコブをスライスした掛け時計です。

今回時刻表示がいつもと違いカラフルにしました。

丸棒を立てず、春のせいか色鮮やかに

時刻表示

穴を空け、カシューを流し込んでいるので、色付けとは

異なり立体感と陰影が現れるようにしています。

漆と同様に肉質感があります。

振り子もやっぱり作りたいですね!

モモンガ振り子

掛け時計と同じクルミのコブ材で、滑空モモンガの

振り子時計の完成です。

滑空モモンガは新バージョンです!

子モモンガ

穴の部分から子どもモモンガが覗いてますよ!

在庫切れのモモンガブローチもついでに製作

モモンガ製作

何と言っても目が命なんです

目の整形

切り抜いたちっこい目の研磨整形は疲れますが・・

モモンガ新ブローチ

今期はこの3タイプで、

滑空モモンガと子供モモンガが新たに

ブローチ群に加わりました。

最初のマルシェが迫ってきていますので、

不足・在庫薄品の補充に拍車を掛けます!

 

カヤでたも網試作

サクラの開花宣言が聞こえる頃、まだ雪の中

枝打ち後

ここ10日間ほどで排雪作業も進みました

排雪後

毎日家内とコツコツと努力の結果です。

実家のカヤの木の修復も完了しました。

裂けたカヤの木

雪で裂けた割れ目が20cm以上

ウィンチで引っ張り、ワイヤーで固定

割れ修復

ほぼピッタリくっついた裂けめ

雨が入って腐らぬようにシリコンで防水し完了です。

ついでに混みあった枝も剪定

剪定

てっぺんまで登りチョキチョキ

さすがプロの技と勇気には感心しました。

剪定後

剪定後はスッキリとして陽も根元まで差し込みます。

400年以上生き続けたカヤは、この先も何百年と

生き続けてもらいたいですね。

そして選定した枝を使い、鮎釣りのタモを試作

高級材のカヤは滅多に手に入らない材料です。

タモ作り

まず画像のように左右均等の太さと角度はなかなか・・・

100本以上の中から使えそうなのはたったの3本でした。

そして今の時期は皮が剥けない!

時期的には6~7月がベストでしょうが・・・

曲げ作業

そして慎重に鉢を利用して曲げてインシュロックで固定

乾燥してから継ぎ目を加工し、節取りをして研磨~塗装

こんな工程を想定して時期まで待ちます。

タモ3本

30cm強のサイズが3本取れました。

軽くてしなりがあり仕上がりまで楽しみです!

ドングリネックレスが出来ました。

ドングリネックレス

なんだかんだと50個ほどできてます

ドングリいろいろ

今回は新材もいろいろ使っています

ドングリ3サイズ

今回より3サイズにバージョンアップ

右が従来サイズの20mmで、18mm、15mm

7段階研磨でピッカピカですよ!

☆お知らせ

こでんてんより今年は開催の連絡がありました。

最終判断は4月末になりますが、今年は黒石に

行けることを願っています。

その際は青森の皆様よろしくね!

150%サイズサンショウウオ

週末から実家のカヤの木の修復が始まりました。

幹裂けカヤ

雪の重みで大きく裂けた幹

枝打ち

まずは裂けた幹を中心に枝打ちをしてダイエット

幹修復作業

パワーウィンチを使い、ワイヤーで幹を引き寄せています。

2本掛けましたが裂けめはまだ5cm位あるため、

本日更にパワーアップのチェーンブロックを使い、

くっついたところで薬剤処理の予定です。

カヤの木は大変貴重なため、枝打ちした材料は230の

原資となります。

タモ用枝

画像はカヤの枝ですが、これが高級材に・・・

作ったことはないのですが、鮎釣りのたも網のフレームにと・・

枝が対象で、太さも適度なものとなると殆どないのが現状でした。

材料集めはまだ続きます。

☆150%サイズのオオサンショウウオ

オオサンショウウオネックレスのサイズより、150%アップの

サイズでレアウッドを使い作ってみました。

サイズ比較

かなり大きく見えますが、確実に150%サイズです

型抜き

板厚が10mmから15mmになると、高比重材のため

刃物にはかなりの負担を感じます。

そしてサイズがデカくなった分、削り代も増え

作業時間も格段に増加。

そしてできたのが

150%サンショウウオ

イエローハート、縞コクタン、モンキーポッド

ゼブラウッド、アフリカ栴檀の各サンショウウオ君

150%アップ

重量感が違います

ズッシリです!

☆レアウッドドングリ

数あるアイテムでドングリネックレスが在庫なし!

あったと思っていたのですが意外に売れていたとは・・・

定番で長年人気があるようです。

ドングリ角材

レアウッドをカサと実部分を作る角材を木取り

丸棒加工

旋盤加工で丸棒に

カサと実を地道に削ります。

従来サイズドングリ

完成前のカサと実、これでもツルツルですがもう一手間

ドングリ3サイズ

今回は左の従来サイズに加え、中、小と3サイズ

ドングリ3サイズ

かなりの数になりますが、果たして今年はこれで

持つのか持たないのか?

クラフトイベントの開催数次第です。

 

枝打ち終わって除雪の毎日

先週の枝打ち作業が終わりました。

枝打ち1

電線に届きそうに伸びたブナやナツツバキ

先週庭師に依頼して行いました。

枝打ち後

散髪後はスッキリと気持ちいいです。

枝打ち後のブナ

3m前後詰めましたが、まだかなりの高さはあります。

3年もすれば元通りになりますが、市街地でも

緑に囲まれて生活したい欲望は、維持費も掛かります。

枝集め

枝先は産廃処理ですが、やや太めの枝は取り置き。

特にナツツバキは様々な作品に使っています。

画像は集めたほんの一部の枝で、この先しばらく

使える分です。

そしてこの後待っているのは害虫駆除の消毒

芽吹きが始まる前に消毒の必要があります。

(虫が羽化する前の消毒)

木の根元までする必要があることから、問題となるのが

木を覆いつくす大量の雪。

除雪開始

3m以上の圧雪を運び出しています。

除雪2

スコップも刺さらないくらいの硬さの重い雪は、

かなりの重労働で堪えます。

この高さまで排雪しても、この下にまだ1m以上・・・

1日4~5時間が限界で~す。

本業もちょろっと

パン皿を変身

ケヤキパン皿

変身前のケヤキのパン皿

パン皿彫り込み

インパクトが無かったのでほり込みをしています。

彫り込みパン皿

ケヤキとクリ2種を拭き漆で仕上げました。

耐水性もあるので使いやすくなったと思います。

そしてご注文のケヤキリーフ皿も完成しました。

ケヤキリーフ皿

長年定番で作り続けている製品です。

リーフ皿包装

専用箱に入れ個装後、50個無事納品いたしました。

大量の記念品は有難いです!

4月、5月の確定したイベントをアップしています。

タタミベンチが完成

一度は自ら登って枝打ちしたブナの木

体力・技量・安全性を考えプロにお任せ

ブナ枝打ち1

昨日より作業開始です

枝打ち2

電線に掛からない程度にコンパクトに

今の時期でなければ、これだけ詰めることはできません

枝打ち3

高い細い枝まで登っていますが、まだまだ高い木も・・・

数日かかる予定です。

取り掛かっていたタタミベンチが完成しました。

枝整形

ご指定のウワミズザクラの脚用部材

木口を南京カンナで円形に整形しています。

テノンカッター

テノンカッターで丸ホゾの加工

ホゾ加工

丸ホゾの加工をした脚部材

楔用割り

ホゾ組した後にくさびを入れる割りを加工

脚部材

ホゾ穴を加工して脚の部材の完成です

仮組

仮組をしてみたところ良好

この後座板のホゾ穴を加工し本組へ

楔

組んだ最後は抜けないように楔で補強

ボンドは溢れ出るほどタップリとが重要

ホゾ仕上がり

仕上がり状態はこんな感じになります。

ベンチ完成1

座板には回し縁を施し、タタミはその中に入ります。

ベンチ完2

ベンチ完3

二人がゆったり座れます。

ご要望通り、立ち上がる時も楽な高さに仕上がってます。

タタミを取り除くと

トチのテーブル

良質のトチ材の一枚板のテーブルに早変わり

喜んでいただけると幸いです。

 

いろいろあった一週間

一昨日の揺れは大きく長く、久々に心配しました。

節目の10年ですが、改めて備え等を再確認です。

週末は素晴らしい快晴でしたが、天気が良いと道路の雪もなくなり、

スノーダンプでの用水路への運搬ができなくなります。

快晴が逆効果にもなりましたが、徐々に雪も上から下から

雪解けが始まります。

大雪の被害で実家のカヤの大木も・・・

幹が折れているので見てくれとの連絡が、

早速行ってみると

カヤの木被害

除雪で盛り上がった雪山に上ると😨

一番太い幹が雪の重みで裂けています。

太い分枝も大きく多いため、耐えきれなかったのでしょう。

400年以上の髙橋家にとって御神木のような存在なので、

何とかせねばと・・・

素人ながら裂けめから伐採しなくても、枝を少し落とし

ロープで裂けめが広がるのを固定すれが大丈夫かも?

自分では知識、道具も不備なため、知り合いの

造園師に来てもらい相談したところ意見が一致。

近く予定を立ててもらい、薬剤処理までお願いし

何とかなりそうなので、その様子は後日!

家内からもお願いが

ダイコン掘ってきてくれない?

と言っても自家用ではなく、近くの姉の家の畑です。

越冬野菜などことごとくお世話になっていて有難い。

ダイコン畑

杭の部分がダイコン養生の目印、果たしてどこまで掘れば・・・

ダイコン掘り

幅1m、長さ2m超を掘り進んで30分、

ようやく畑の地面にたどり着きました。

掘り込み深さ

圧雪が160cmあり、Tシャツ一枚でやりましたが、

この日は暑く汗だくで良い運動になりました。

掘ったダイコン

姉の家と230、そして娘の家に分配です。

リーフ皿も完成です。

拭き漆リーフ皿

ご注文のリーフ皿の漆仕上げです

リーフ皿

大きなサイズから木取りしたので様々な杢目があり、

それぞれの味が出ています。

リーフ皿使用例

230はこんな感じで使っています。

リーフ皿完成

70枚作った内の注文分50枚は、少し寝かせて

うるしの匂いを和らげて、あとは包装のみです。

そして次のご依頼品は

ベンチ材

タタミベンチの材料準備

お預かりしたタタミサイズに合わせ、トチの座板と

ご指定のウワミズザクラの脚用部材です。

材料もギリギリなので、ホゾ組等も慎重に・・・

そして

枝豆箸置き

こんな細かな樹種指定の枝豆箸置きも只今製作中!

手に感覚が命なので、比較的暖かい日に作業しています。

明日からまた荒れそうな天候ですが、ほどほどに願います!

新作の八角皿

先日の2月5日、横手は観測史上積雪最多記録を更新

203cmとなり、除雪しては降り積もりいたちごっこです。

最多積雪203cm

玄関前は3m以上の雪の壁

今日も吹雪ですが、税務申告の初日に出かけ無事終了

一息ついてブログ更新です。

今日は前回の八角皿の続きです。

八角皿裏加工

八角に切り出した材を旋盤で裏面を加工

表面加工

今度は反対にして表面を加工します。

真ん中は残しておいて、リムを彫った後から

再度旋盤で中央部分を仕上げます。

リム彫り込み

八角の角に切り欠けを施し花びら状に整形

そして丸刀でリム部分を彫り込みます。

この時刃先が中央の平面に当たるので、掘り込み後に

中央のみ旋盤仕上げをします。

こんな感じで4枚製作

ケンポナシ

ケンポナシの花びら八角皿

仕上げは植物性のセイフティーオイルで1回目、

2回目は、乾いてから木を保護する役目の

ブッチャーブロックコンディショナーで仕上げています。

サクラ八角皿

旋盤の画像に付いていたサクラの花びら八角皿

八角皿の裏側

裏側は16角に仕上げています。

クルミ

こちらは花びら加工無しのクルミ八角皿

キハダ八角皿

キハダの八角皿は上のクルミ同様に、底面も総彫りです。

キハダ彫り痕

全て中央に向けて彫り込むため、逆目になる個所もあり、

彫り方としてはかなり気を使います。

丸刀の切れ味を感じ取りながら、彫り痕を確認し

納得の新作になりました。

手間と時間は掛かりますが、こういう皿のバリエーションも

今後増やしたいですね。

 

もうすぐご訪問者10万人!

週末の心配された暴風雪も過ぎ去り今日は快晴!

天窓

天窓からは明るい光が差し込んで、春が近いことが・・・

今朝は降雪もなかったことから除雪作業もなく、

早めのブログ更新に向かってます。

毎年市内のお店より、バレンタイン向けの干支の

ご注文をいただいています。

干支納品分

トラブルもなく親子セットが出来上がり、今期の

干支製作も一段落です。

こちらはただいま製作中のケヤキリーフ皿

リーフ皿切り出し

ご近所の方より記念品用にと50枚のご注文分です。

昨秋、座卓用の2m以上のケヤキ材を薄板に加工し、

養生した材をケガキ線に沿ってカットしています。

リーフ皿50枚分

不向きなものは取り除き、60枚余り切り出しました。

サンダー掛け

そして切断面の粗研磨

両面取り加工した後、仕上げは手作業となります。

まだまだ先の工程がありますが、気分転換をしながら

数も数なので・・・

気分転換①

娘から提案され製作した花縁飾りのある皿でしたが、

今度は八角のリム皿を

八角木取り

え~っと八角形を作るには・・・

360度を8等分して・・・

たまには忘れかけた算数の計算をしたり・・・

ボケ防止にもなるかも?

22.5度の三角定規をガイドにして4枚木取り

八角皿木取り

クルミ、サクラ、ヤマナシ、キハダです。

気分転換②

ナチュラルエッジボウルも木取り

アカシア

アカシア材はチェーンソーでまずは大雑把に

エンジュ木取り

こちらは大量に手に入ったエンジュ

大雪の横手ですが、屋外に雪の無い地面は不自然ですねえ?

目の前に穴場のこんな場所もあり、丸太材はここに保管

ボウル材

バンドソーで粗取りし、工程の合間を見ながら

旋盤加工の出番を待ちます。

※もうすぐご訪問者10万人!

2013年より開設したHPとブログ

お陰様であと50~60人でご訪問者10万人となります。

ほんとにありがとうございます!

今日か明日か?・・・

今後も続く限り作品等をご紹介し、更新続けますので

よろしくお願いします!