フルーツフォーク作り

昨年に続き今年も大雪年に

20221月

1月14日のドカ雪で、一気に1階部分が埋りました。

土日は雪も上がったので除排雪

除排雪

南側は雪が多すぎて、除雪機が使えないので人力で

2日で延べ6時間作業で何とか光が入ります。

でも雪は容赦なく、今日もモソモソと降り始めました!

体重が減るほど体力は使いますが、休んでは要られません。

フルーツフォークの補充製作です。

この製品はいくらあってもお値打ちなので、直ぐはけるので

安心できない存在なのです。

クロモジフォーク

クロモジの小径木を繊維に沿って鉈でパッツンパッツン

極力繊維を切断しないことで強度が保たれます。

味方屋鉈

使用している鉈は日野浦刃物工房製で、もう30年近く

使っている優れもの。

3~4cmの枝は問題なくスパッと切り落とせます。

腕の毛も剃れる切れ味!

味方屋刻印

屋号の味方屋の刻印入りで、今の先代の作かも

なかなか手に入りにくい逸品になっています。

フォーク削り

先端の中は糸のこ盤で切り落とし、あとは切り出しで

繊維に沿って先を削り出していきます。

ペーパーで仕上げをし最終工程の耐水処理

漆塗り

工芸用漆を使って数回塗と研磨を繰り返し

フルーツフォーク完成

白い木肌と樹皮のコントラストのフルーツフォーク完成

家族分あっても樹皮の模様で、それぞれ自前用が分かります。

2月のかまくらクラフト市のフライヤーが届きましたので

ご紹介いたします。

かまくらクラフト市のフライヤー

東北の作家限定のクラフト市です。

直近の天候はまだわかりませんが、お天気と道路具合が

良かったら見に来てください!

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です