ワンプレートオーダー品

雪もどんどん消えて(消して)一部地面も現れ、

気分も晴れやかに感じます。

積雪の少なかった空地の物陰から、緑の旬が

顔を出してました。

ばっけ

早速天ぷらにしてもらい、いつもより早い

味と香りを楽しみました!

今月はお陰様でオーダー品とご来訪者が多く、

先日も”いちびっとさん”で230作品のお買い上者が、

もっと見てみたいと盛岡より二度にわたり

ご来訪いただき、沢山のお買い上げと新たなオーダー品も!

イベントが中止の連続でしたが、こんな日常に

感謝するだけです。

今日はワンプレートのオーダー品

以前もオーダー製作しましたが、前品と仕切りの

大きさ振り分けが違うため、テンプレートは1から製作。

ワンプレート材料

ドア一枚分より大きなケヤキの一枚板より木取りです。

プレート掘りこみ

新たなテンプレートを使用し、ビットで掘りこみ

ビットの切れ味が劣化しているためだましだましで

掘りこみ完了

切れていない部分は所々に焦げ跡が残り、この後の

研磨作業が思いやられます。

面取り

外周を切り落としてから裏表の面取り部分をそれぞれ

プレート木地完成

無事木地は完成ですが、この後平面部分、R部分、面取り

部分と形状の違う部位の研磨作業が長時間。

それぞれの研磨用ツールは自作して対応していますが、

それでも最後は手仕上げとなり、皮膚や爪も削れて

悲惨な状態になります。

(感覚が大事なので手袋はやらないので・・・)

最終工程は拭き漆

プレート拭き漆1

たっぷりと漆を含ませては拭き取り磨き

拭き漆2

いい具合に仕上がっていますがまだ繰り返します。

もう少しお待ちくださいね!

初めての作品も手掛けてます。

以前大量のエンジュを提供していただいた方へ、

こけしの製作をしています。

エンジュ小径木

白太と芯材のコントラストが表面に出るように、

胴体と頭部分のそれぞれの径別に、大量の材料を

準備しています。

こけし胴体

20%間隔で6種ほど胴体加工

こけし頭

頭も同様にそれぞれの径別に粗加工

まだ水分も多く含まれているため、少し乾いてから

仕上の加工に入ります。

今週末はいよいよ今年の初クラフトイベントです。

サムカゼト

2日間とも天気は良さそうなので、ご都合付く方は

ぜひ今年の初イベントにお越しください!!

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です