新作のシダとフェザー

木工屋は粉じん予防でマスクは不可欠

しかし時節と有事で、どこの売り場も棚は空・空

困っている一人です。

先日消耗備品の補充で朝一某HCへ

レジを終わって、この日は何故かまっすぐ出口へ向かわず

右折したら、床置きされた段ボール箱が目に入りました。

なんと棚入れ前の箱入りマスクではありませんか

運よく購入でき、たかが使い捨てマスクでこの日一日

優越感でいっぱいでした。

新作紹介の前にまずはミニちゃぶ台

ちゃぶ台材

ケヤキ材でサイズ違いを2枚カット

面取り

外周面取りをルーター加工し

脚

脚はブナ材を巨大な鉛筆削りのような刃物で

表面加工

表面は槍カンナで仕上げます。

何故か綺麗なツルツル表面は人気薄で

古仕上げ

やっぱり仕上げは古(いにしえ)仕上げ拭き漆、30cmと36cmでした。

サイドテーブルやお膳に、踏み台、飾り台にも!

細かな新作の登場です。

シダをモチーフにしたブローチアクセサリーです。

シダブローチ1

クロガキや輸入材のサティーネ、パロサントを使い、

息を殺しながら仕上げた作品です。

試作品は細かな作品なので頃合いが掴めず、

最後の一か所が欠けてしまったりで・・・

切断スピードや刃の選定をし、0.5ミリの刃でようやく。

シダブローチ2

こちらは付け根が更に細くなっているので、より慎重に

寿命が縮まる作業の連続でした。

カットが成功しても研磨工程で欠けることも・・・

そしてフェザー(羽根)アクセサリーは

フェザーブローチ

シダよりも更に薄板を使用するため超慎重作業

刃も0.3ミリに変更し切断速度と送りを手で感じながらです。

フェザータイピン1

ネクタイピンに仕上げたフェザー

フェザータイピン2

薄くても立体的に仕上げ、高密度材使用なので

強度的にも心配ありません。

こだわりの研磨で光沢もバッチリ!

フェザーネックレス1

ブビンガとスネークウッドのネックレスも製作しました

フェザーネックレス2

大小2個使いのネックレスも異樹種の組み合わせです

スネークフェザー

細かな羽根の切れ込みも難作業ですが、極めつけは

中心の羽軸の盛り上がり部分でした。

意外やひらめきである電動工具を使って・・・

でもあくまで手作業で息を殺しての作業の連続です。

早くお披露目したいのですが、直近のクラフトは4月中旬以降

開催を願っていますがこればかりは・・・

クラフト会場でなくとも、ご連絡いただければ

ご対応いたしますのでよろしく!

 

 

 

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です