小判型トレー&板膳

積雪0cm!

積雪0

ブログ更新の度に暖冬異変を記していますが、

長年生きてきてそれほど記憶に無いぐらいの暖冬。

他に異変が起きないで欲しい2020年です。

☆小判型トレー

掘りこみタイプの小判型トレーも人気アイテムの一つです。

今回はマイナーチェンジを行っています。

トレー材

板厚15mmのケヤキ材と新設のテンプレート

掘りこみ

掘りこみサイズが360x260と広く、既存のベースでは

狭いので特製のベースプレートを作成し掘り込んでます。

ケヤキ材が硬いことから、刃物の回転数と送り速度が重要で、

ヘタすると切削面が焼け焦げますんで・・・

座彫り

今回はこの彫り込みがマイナーチェンジ

トレー内の物が滑り難く、実用性と木肌の美のアップ。

彫り込み完成

サイズも現行より大きめに5枚彫るのが限界

拭き漆

拭き漆をして完成で、彫り込み部分を若干盛り上げています。

使用例1

お茶碗サイズなら6個はゆったり並びます。

☆板膳

全くの新作で板膳と名づけました。

板膳木地

クリ材を加工し完成した木地

この形にするため、テーブルソーや電動カンナは

一切使わないこだわりで仕上げています。

黒染め

自作の鉄漿液を使って黒染めしたところ

黒染め完

表面は総槍カンナ仕上げの刃物痕が残っています。

黒染め裏面

裏面も端は角度切りして槍カンナ仕上げ

同じ材でも木の質の違いで部分的に濃淡が出ます。

板膳完成

サイズは400x300で沢山並べられます。

画像は黒染め直後ですが、このあと拭き漆を施します。

耐水性が出ますので洗いはモチロン、直接食べものを盛り付け

盛り皿としても使っていただきたいです。

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です