チョウナ仕上げのスツール

先日、河北新報社さんの広域交流版へ230の記事を

掲載していただきました。

河北新報社記事

今まで数回記事にしていただき、感謝しています。

前回ご紹介したエンジュとヤマナシの材を使い、

スツールが完成しました。

脚材

脚の材料となるのはエンジュとウワミズザクラの小径木

脚の加工

脚は旋盤加工で丸ホゾの段付き加工に

脚加工完成品

5脚ずつありますが5本脚ではありません

あくまでも1本はスペアで

座板ホゾ加工

次は座板のホゾ穴加工ですが、強度を得るため脚同様に

2段加工にします。

2段目の平面確保で安定と強度が得られます。

穴加工前景

四方転びに角度をつけての加工は、専用の角度板を用意していれば

都度都度便利な治具になります。

これから座面表の加工に入ります。

刃物研ぎ

まずはチョウナの刃を研いでから

チョウナ仕上げ

刃の切れ味で仕事具合が違ってきます。

しばらくぶりのチョウナの出番で汗だくになりながら、

しばらく振ると大分リズミカルに

特殊なカーブのエンジュの柄の跳ね返りを感じられれば

刃物痕も綺麗に出てきますが・・・

チョウナ仕上げ完成

何とかカーブのついたチョウナ仕上げ座面が完成です。

しかしエンジュは何とか出来ましたが、ヤマナシの材料は

とてつもなく硬く、削っても逆目が綺麗に仕上がらず

泣く泣く丸カンナ仕上げに変更しました。

逆にこれがとっても良い結果に(完成画像参考に)

脚の圧入

最後は脚の組み立てに入ります。

ホゾ穴の径は25.0、脚は25.5に仕上げていて

数値的には入りませんね。

脚の圧入部分を金づちで叩き木殺しをして組み立てます(画像忘れ)

接着剤をたっぷり入れて圧入すると、木殺しして縮んだ木が

水分で膨張し、乾燥後はびくともしなくなります。

スツール完成

乾燥後脚を切りそろえ、拭き漆で仕上げます。

出来上がったスツールは

エンジュスツール

耳付きエンジュの座面はチョウナ仕上げ拭き漆

ヤマナシスツール

耳付きヤマナシ、丸カンナ仕上げ拭き漆

この一週間でスツールもイベントに間に合いました。

そして輸入材を様々使用していることから、希少材を含め

木材サンプルを作りました。

木材サンプル

輸入材だけで40種弱準備できましたが、今まで使った中で

どうしても準備できない材もありましたが、これらの樹種は

作品化して展示しています。

これからは木材サンプルも参考に見比べてください。

今週末はいよいよ今年初のイベントが秋田市のさきがけホールで

第5回ポスター

新型コロナウィルスで心配が絶えませんが、今のところ

予定通り開催いたします。

お越しの際は予防対策の上お願いします。

 

 

一気に数々完成

一週間前に60cm余り積もったドカ雪も、暖気で

一気に融け出し只今0cm。

横手のかまくらもブルーシートを被って、中の子供たちは

みんなマスク姿。

観光客には申し訳ない気持ちの横手市民です。

暖気は仕事も捗ります。

例年極寒の仕事場ですが今年は暖かく、指先まで神経が

行き届くためいつも以上に細かな作業も進みます。

先週から仕掛品が一気に上がりました。

拭きうるし完成

拭きうるしの終えたオオサンショウウオのボスたち

柿のオブジェ

ケヤキの柿のオブジェも

ナスの蓋物

1個しか無かったナスの蓋物も大小で

サクラ樹皮の花器

ヤマザクラの樹皮の花器は、売れ筋の中サイズ

本数たくさん作りました。

クロモジ花芽

硬いつぼみだったクロモジの花芽は今にも咲きそうです。

年末に挽いていたナチュラルエッジボウルも落ち着き、

歪取りをして最終研磨後オイル完です。

サクラナチュラルエッジボウル

ヤマザクラでエッジには樹皮も残っています

アンズボウル

アンズはとても硬いのですが、その分仕上がり肌は抜群

チェリー材

今回一番大きいサイズはサクランボ

イタヤカエデ

イタヤカエデは最近挽きましたが、乾燥材なので

反りも出なく即完成に至りました。

ナチュラルエッジボウルは個々のエッジラインが魅力で、

今乾燥中も含めて今後種類が増えます。

たまには息抜き?にはならないのですが、こんなものも

タカのオブジェ

何を思ったのか孫からのご要望

タカのオブジェを2匹、ケンカしないように・・・

ケヤキのタカ

タカ2

初めて作るものだから画像を見たり、想像を膨らませて

息を止めながらカットして何とか形になりました。

喜んでくれるかな?

細かなものが続いたので、今週はスツールの製作です。

スツール材

ヤマナシとエンジュを用意しました。

迫力ある座面に仕上げたいのですがどうなることやら。

そしてこの時期はクラフト展の選考結果が相次いで届きます。

お陰様で今のところ全部選考いただいています。

今年の出展予定は、イベント情報に記載していますので、

ぜひお越しをお待ちしています。

 

楓のナチュラルエッジボウル

先日税務申告も無事終了し一段落

トラネコの組木絵もご注文者に引き取られました。

赤系のトラちゃんをとても気に入っていただき、安心したところです。

そして今人気店で、大仙市のNa-BAKEさんのお菓子を頂戴しました。

マフィン

まだ開店して数か月ですが、4回通ってようやくゲットできたそうです。

いつも売り切れていたり、自分の番の直前で完売したりと・・・

今回は残り少なくなってようやく買えることになり、

残り全部買い占めたとか。

ナベイクマフィン

そんな貴重なマフィンでカフェタイムです。

 

”いぶりがっこ”を漬けて2か月余り、食べれる時期になり

長期保存用は真空パック処理にします。

がっこの真空パック

真空パックはいぶりがっこの本場、山内地区にある専門の工場へ

がっこの袋詰め

専用袋に入れて依頼することで、間違いない味が約束されます。

姉弟分で48本頼んできました。

 

カエデのボウルを削りました。

カエデ材

このゴツゴツした丸太はイタヤカエデ

カチカチの乾燥材で割れや虫食いも多数

でもこんな手ごわい相手が完成に至ると味があります。

刃物旋盤

削りの刃物は様々種類がありますが、今回は4本使います。

削りカス

画像のボウルはヤマザクラですが、カエデ同様生木加工では無いため

バイトの切れ味で善し悪しが決まります。

1個削るごとに研磨しながらイタヤカエデは苦労しました。

イタヤノボウル

上面は断切削なので、連続加工とは違い超集中の連続で疲れます。

虫穴は空けたままにしようか、埋め込もうか?

仕上げには悩むところですが、造形には満足です。

ナチュラルボウルの面々

アカシアやヤマザクラも途中ですがナチュラルエッジボウルに仕上げます。

旋盤スペースを店開きした関係上、今回は蓋物加工もついでに消化し、

次の作品へ移行します。

今日は河北新報の取材がありました。

オオサンショウウオをメインにした記事になりそうです。

昨年最終イベントで、特大サイズが無くなっていたので只今製作中。

サンショウウオ塗装前

トチの縮み杢とスポルト入りで、まだ拭きうるし前の完成した木地です。

もう理想の材の在庫がないと思っていたのですが、探すと出てくるもんです。

今回のトチ材の発見で、ボスオオサンショウウオはしばらく作れます。

新聞記事ですが、2/20(木)の河北新報に載るそうなので、

ご愛読の方は見てくださいネ!

 

 

 

トラネコの組木絵完成

暖冬でいろんな面で経費節減できていますが、

ここにきて出費が重なります。

毎度車のエンジンスタートの際、何とも心持たないセル音

バッテリーが限界に来ています。

それもそのはず3月で13年になりますが、一度も交換無しの

高寿命で、車屋さんもビックリ!

交換を待っていると整備士さんがお呼びです。

嫌な予感でピットに入ると心配が現実に

マフラーが腐蝕

マフラータイコ部分に錆が発生し、穴が開き始めています。

溶接で何とかなりそうなので、今回はそれでしのぎます。

前のレガシーは10年弱で穴が開いたので、これもそれからすると

長持ちになりますが、今度は何が起こるか・・・

でもこのフォレスターはパワーがあり、荷物もたくさん

積めることからクラフト主体の230からは手放せません。

ハイオク仕様でターボであるためとても燃費も悪いのですが、

まだまだ付き合ってもらいます。

と言っても新車を買うほどの金がないのが実情(笑)

ボヤキが長くなりましたが、本題はネコの組木絵でした。

トラ1号

トラネコ1号30ピースで8種の木を使用

トラ2号

トラネコ2号46ピースで10種使用

トラ1号整形

各パーツを立体的に組み合わせ、繋ぎを調整していきます。

掘り込み

組み合わせたトラをボードに埋め込む穴掘りです。

貼り付けでなく、掘りこむことによりトラとバックのボードに

一体感が出るためこの作業をします。

ルーター掘り込み

刃物は金属用の刃径4ミリの3枚刃で、硬い桜材もストレスなく

安全にサクサク作業でき、木の焦げ跡も全く心配いりません。

掘り込み完成

こんな具合に3ミリの掘り込みができ、

木地完成

はめ込むと一体感が出ますでしょう

トラ2号は

トラ2号完成

表面処理前ですがこんな感じに。

オイルを拭いて、コシアブラの材でスタンドホルダーへ

トラ1完成

トラ1号の完成です。

主材はナラで、神代ケヤキ、ブナ、イチイ、ウォールナット・・・

トラ2完成

トラ2号

主材はケヤキで、セン、ナラ、ピンクアイボリーも

バックのタモ材は皮付きのままで。

ご注文品ですが、お好きなほうを選べるように2点の製作です。

久々に長時間緻密な作業の連続でした。

 

 

ネコの組木絵の製作開始

ようやくWindows10へのアップグレードを終えました。

まだ無料でアップグレードできるため、金をかけずにトライ

若干インストールに不安要素があったため、息子の手も借りて・・・

スマホは便利ですね!

PC画面を移しつつアドバイスを受けながら、2時間弱で無事終了。

7とは使い勝手が違うところもあり、より7に近い状態に再設定は

息子が遠隔操作のTeamViewerでやってくれました。

お陰で何ら支障なく、安心したところで天気に誘われまた山へ。

我が家を見下ろせる史跡公園

西が坂

雪もほとんどなく普通に散策できます

史跡説明

興味のある方は覗いてください

クロモジ

クロモジは花芽もかなり膨らみ、1か月は優に進んでいます。

あちこち散策すると何か変な気配に気付きました。

視界に入ったのは戯れている2匹の赤いキツネ

向こうも気配を感じ一目散に散り散りに。

何か悪いことしたみたいでした。

 

昨年の御依頼分の最後の製作はネコの組木絵です。

あるお店にディスプレイとして飾ってある230の作品ですが、

それがお気に入りということでご注文いただきました。

若干アレンジして製作にかかります。

デザイン画

基本となるデザイン画のスケッチです。

基本材料

2匹分の基本材料は画像分+ベースとなる板とあと少し。

230の組木絵はある程度の厚板で、立体的に組み合わせます。

デザイン画の線通り切っても組み合わせると形が崩れます。

それは糸鋸の刃厚のせいで、それを考慮した切断が厄介。

組木パーツ

顔の部分を切り出したパーツで仮組したところです。

体部分にもトラの縞々を入れていき、そのあと各パーツを

立体的に成形し調整しながらの組み立てです。

まだまだ先の長い作業になりますが、気長に来週の

ブログ更新まで間に合えばと・・・

 

 

 

カッティングボードNEW

前半のクラフト出店申し込みもほとんど終わり、

早いものはもう選考結果が来始めています。

今年も全応募が選考されますように・・・

細かな作業が続いています。

エダマメ

定番の枝豆箸置き

フルーツフォーク

フルーツフォーク

それぞれ工程が多く、時間を見ながら少しずつ進めています。

一気に進めると設備、身体にもきつい物があり、

長持ちさせるにはどちらも適度な時間が重要?

カッティングボードのニューモデルを進めています。

どの木工作家さんも大概カッティングボードは作っています。

しかしどれを見ても変わり映えはしません。

230は少しでも特徴あるようにと、木の持つ自然体を

残しているのですが、もっと差別化するべく進めています。

テンプレート

複雑な形の板です。

木取りしたボードの形に合わせ作図したテンプレートです。

ニューモデルには取っ手の枝をつけるため、取り付け部の

彫り込みをするための道具です。

取っ手部彫り込み

予め曲げ木をしていた枝に合わせて彫り込みます。

この時使用するのがテンプレートで、9枚木取りしましたが

一点一様主義が基本のため、9枚のテンプレートが必要。

作品を作るためには治具やテンプレートを必要とし、

これら道具作りが作品を作るほど時間と思案が付き物。

一点主義のこだわりの性です。

ボードいろいろ

木の自然の形を残しつつ様々な木で

取っ手加工

枝の取り付け部の平面加工も必要で、素直で無い枝は

加工がすこぶる面倒で・・・

ここでも複雑な形の枝を加工する治具が必要で、

悪戦苦闘しながら大事な曲げ木枝を無事加工終了。

部材を磨いて取っ手を取り付ければ

ケヤキボード

ケヤキの股杢部のボードの完成

反対側の杢目が素晴らしいのですが、ぜひクラフトで

クリボード

クリのボードは大判なので両サイドに取っ手を

チェリーボード裏

チェリー(サクランボ)ボード

チェリーボード面

表面は取っての取り付け部位が見えなくなります。

ボード使用例

菓子皿としても使い方はいろいろ

画像のボードはすべて表面処理前で、このあと

オイルと保護材で仕上げますので、片面は刃物を使っても

大丈夫です。

5樹種9枚製作しましたので、表面処理が終えましたら

再度ご紹介します。

 

小判型トレー&板膳

積雪0cm!

積雪0

ブログ更新の度に暖冬異変を記していますが、

長年生きてきてそれほど記憶に無いぐらいの暖冬。

他に異変が起きないで欲しい2020年です。

☆小判型トレー

掘りこみタイプの小判型トレーも人気アイテムの一つです。

今回はマイナーチェンジを行っています。

トレー材

板厚15mmのケヤキ材と新設のテンプレート

掘りこみ

掘りこみサイズが360x260と広く、既存のベースでは

狭いので特製のベースプレートを作成し掘り込んでます。

ケヤキ材が硬いことから、刃物の回転数と送り速度が重要で、

ヘタすると切削面が焼け焦げますんで・・・

座彫り

今回はこの彫り込みがマイナーチェンジ

トレー内の物が滑り難く、実用性と木肌の美のアップ。

彫り込み完成

サイズも現行より大きめに5枚彫るのが限界

拭き漆

拭き漆をして完成で、彫り込み部分を若干盛り上げています。

使用例1

お茶碗サイズなら6個はゆったり並びます。

☆板膳

全くの新作で板膳と名づけました。

板膳木地

クリ材を加工し完成した木地

この形にするため、テーブルソーや電動カンナは

一切使わないこだわりで仕上げています。

黒染め

自作の鉄漿液を使って黒染めしたところ

黒染め完

表面は総槍カンナ仕上げの刃物痕が残っています。

黒染め裏面

裏面も端は角度切りして槍カンナ仕上げ

同じ材でも木の質の違いで部分的に濃淡が出ます。

板膳完成

サイズは400x300で沢山並べられます。

画像は黒染め直後ですが、このあと拭き漆を施します。

耐水性が出ますので洗いはモチロン、直接食べものを盛り付け

盛り皿としても使っていただきたいです。

 

 

新材に魂を

あけましておめでとうございます

2020干支

2020年もよろしくお願いしまチュー!

雪も少なくとても楽なお正月を過ごすことができました。

昨年のシーズンオフに仕入れした新材を、早く作品化したいのは

各作家の共通するところ。

年末の穏やかな天候の内に粗加工しておきました。

新材粗加工

この中に新材が5種

広葉樹粗加工

こちらは広葉樹の粗加工群

粗加工と言ってもここまでの加工が最重要です。

この後に、より流体形にするための刃物を入れて、

刃物痕を消すためにペーパー作業数工程。

これで完成ですが、さらに魂を入れ込むスーパーフィニッシュで

完成に至ります。

最後の小さな目入れも重要工程で、流線部分での加工も難です。

完成新材

オイルで拭き上げたオオサンショウたち

この中に新材も混じっています。

新材5種

これが新たな材のオオサンショウウオ

新材サンショウウオ君を紹介します。

パープルハート

パープルハート(ブラジル産)実色は綺麗なパープルですが、

画色は茶系に写ってしまいましたが

アフリカ栴檀

アフリカ栴檀(モザンビーク産)ローズウッドに似てますが、

とてもオイル分が多く研磨が難です

檳榔子

檳榔子・ビンロウジュ(インドネシア産)

細かなところが欠け易く加工が難でした。

ビーフウッド

ビーフウッド(オーストラリア産)超オイル分過多で

ペーパー掛けが困難、ペーパー消費量が一番です。

流体に加工しているため、表裏の杢目が違って出てきます。

ココボロ

最後はココボロ(メキシコ産)今は日本に入っていない材です。

なぜかしまいこんでいた箱の中から発見した超レア材で、

昔はナイフのハンドル材としても使用されたとても硬い材です。

こんな新材のオオサンショウウオが生まれた2020年正月です。

在庫が3匹となっていたため、2020年はすべて新たに

製作した作品で臨みます。

 

 

真冬なのに

こんな穏やかな年末は何十年振りかな?

余りに天気が良いのでついつい近くの山まで運動兼ねて

西が坂より

我が家からはすぐ近くの便利な山です

画像のどこかに230の家も写っていますよ

西が坂

後を見ればこんな感じの雑木林があり、春にはタラの芽

コシアブラなどの山菜が採れます。

積雪もほとんど無く自由に歩きまわれるので、この日は

クロモジのフルーツフォーク用の材を調達。

ウサギ痕

ウサギの足跡もあちこちにあります。

むやみやたらと歩き回らず、結構人の歩く歴史散策道の

整備された上の移動が多く見られました。

動物も省エネですね!

依頼の小物も作っています。

鉛筆ホルダー材

角柱に切り出した材料は

ホルダー材旋盤加工

旋盤で丸く加工し、チャックを付け替えて

ホルダー完成

こんな形になり、使い方は

鉛筆ホルダー

鉛筆ホルダーになります。

お客様が愛着のある鉛筆を最後まで使いきりたい!と

サンプル品をお借りして同様に作っています。

ホルダー樹種別

お孫さんたちにもと本数を頂いていたので、

エンジュ、ケヤキ、クルミ、サクラ、アサダで製作。

結構使い易いので、お披露目しようと沢山作りました。

年末なので工房も掃除し、あとは新年を迎えるのみ。

皆様方には今年一年お世話になりました。

どうぞ良いお年をお迎え下さい!

 

 

 

 

大衣桁の製作

雪も無く穏やかで過ごし易い冬ですが、

中には雪不足で困っている方々もいることで・・・

夏からお待たせしている大衣桁がようやく完成です。

人形用のミニ衣桁は数々製作しておりましたが、

本格的な大衣桁は今回が初めて。

大きさ、重量が全然違うので、考慮しながらの材料選定。

衣桁材料

素材は全て米ヒバ材、問題はベースの角物はともかく

その他の丸物の接ぎ方で頭を捻りました。

ベース加工

ベース部分はこんな具合に加工し、裏にはキャスター予定

ベース仮組み

仮組みもバッチリで一発勝負でした。

丸物接ぎ手

丸棒の接ぎ方は画像のように直径のR形状に加工

丸棒仮組み

作図どおり隙間無くピッタリフィット

続く加工は固定するための接ぎ手部分です。

物が大きく230の車には入らないので、お客様宅にての

組み立て方式とするため、取付金具の加工です。

取り付け金具

横棒にナットを埋め込み、支柱にはボルト穴

丸物は角と違いセンターを出し難いので超慎重にでした。

最後は天棒ですが、取り外せないと着物の袖を通すことが

できないので、支柱側は固定し天棒側はフリーに

天棒加工

きつくも無く緩くも無くの按配が微妙

何とか一発勝負で全工程加工終えました。

最後は黒色塗装が待っていて、冬場の塗装は避けたいのですが

塗装完

何とか下塗り~仕上げと全工程完了です。

衣桁完成

組み上げた全様で、問題なし

衣桁納品

お客様へ納品し、早速中振袖を掛けてみました。

とっても喜んでいただき、時折入れ替えをしながら

タペストリー代わりに懐かしさを楽しもうということでした。

長らくお待たせしましたが、一日早いクリスマスプレゼントで

お客様の笑顔に救われました。