カトラリーの製作

一気にドーンとやって来ました

冬到来

3日前は全く雪無が、丸2日間で一変しました。

週末は製材所より連絡があり、昨年伐採したクルミ材を

ようやく製材してきました。

クルミ製材

1年半野ざらしにしていたため、皮下1cmがふやけ状態

製材面

でもほとんどがこの後戦力となりそうです。

器関連にも使用するため厚めに製材し、

冷たい中、桟積みをして養生しました。

☆カトラリー

カトラリーサンプル

在庫無のカトラリーの試作をしました。

定番ですが今回は、マイナーチェンジと新材を使うため

試作からの製作です。

上のフォークはパスタにより対応できるよう

すき間をやや広めに仕上げてます。

中は切る、刺す、すくいができる姫フォークですが、

硬いものにも絶えられるよう柄を少し太めに・・・

どちらもアサダというあまり流通しない材です。

下は新作のフルーツフォークを作ってみました。

クロモジを使い、硬いリンゴでもOKです。

(まだ塗装前です)

試作品が良好で即ゴーサイン

カット

長方体の材をカットしますが、使う部分はほんの少し

カット品

姫フォークとパスタフォークの第一カット

20181210-9

使う部分に対し捨てる部分の量が多くなります。

(材料を薄くすればと思いがちですが、カット工程での

 安定性を出すため最低限の厚さで木取りをしています)

第2カット

第2カットで更に捨てる部分が増えて、カトラリーは

とても材料歩留まりが悪いんです。

グチを言っても始まりませんが・・・

今日はこの工程まで

☆コースター兼小皿

シーズン中に欠品となっていたクリのリーフ皿等も

製作中です。

リーフ皿他

右がクリで左がケヤキ材

クリは鉄漿染めで真っ黒にし、拭き漆仕上げとなります。

定番のケヤキ小判型に来シーズンは黒染めも新作で加えます。

小さな品物ですが、材料となる母材となると

クリ母材

3mのテーブルが出来るような大きなクリ材を

惜しげも無くカットして使っています。

と言うか、230の持ち材はこんなでかい物ばかりで、

刻まないと使えないのが本音です。

でもその分、良い木目の部分を贅沢に使っていますよ。

寒中になると寒さがきつくなるので、なるべく大きな

作業を今の内にと思い励んでいます。

来シーズンもまだまだ新作が増えますよ!

 

 

 

振子時計3作

寒さに震えて漬物付けを手伝った週末でしたが、

昨日今日と12月とは思えない春陽気。

今日は娘と先日20gコーヒーメジャーを納品した

大仙市のドッピオコーヒーさんへ行って来ました。

 ドッピオコーヒー

駅からは少しはなれていますが、メイン通りから

入ってすぐの閑静な場所にありました。

ドッピオ店内

本格焙煎から提供するカフェで、その設備も

店内に構えています。

パナマコーヒー

美味しいコーヒーを飲みながら、木工関連の話を・・・

カフェ関連の作品を少し持参したのを見ていただき、

この度もいろいろとお買い上げいただき、店内にも

置いて下さる事になり、今後はドッピオコーヒーさんでも

230の作品を見ていただきお求めも・・・

https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Coffee-Shop/doppio-coffee-factory-1733621873544846/

大仙市方面へ行ったら、ぜひ寄って見て下さい!

☆振子時計

在庫一台となり、寂しくなっていた仲間を増やしました。

時計材3種

前回ミスった穴あけも無事クリアし、荒掘りをした

ムーブメントスペースです。

エンジュ、トチ、クリの3種で製作しました。

エンジュ

エンジュのフクロウ振子

トチ

こちらはトチのモモンガで

クリ

最後はクリの拭き漆仕上げで木目もバッチリ

針部分

長短針はアマレロという黄色の美しい珍しい材で、

秒針は皆さんお気に入りの緑の葉っぱです。

振子2体

耳付きの木目の美しい材にこだわっているので、

いつも材料選定に時間が掛かります。

なかなか向くのが、有りそうで無いんですよ。

そんな訳で仲間も増えて、展示ルームも賑やかになりました。

☆我が家にもスマホが

先日、息子よりスマホが送られてきました。

スマホ

スマホなんですが通話はできません!

シーズン中の週末は遠出が多いため、自宅のパソコンメールを

確認したり、作品画像や資料をお客様に見せたり

またイベント状況をタイムリーにインスタに載せたりとか

タブレット端末として使えるようにと息子が贈ってくれました。

面倒な手続きやアプリのインストールなども済みなので、

早速便利に活用しています。

来シーズンは出番が多くなりそうなので、感謝でした!!

 

 

20gコーヒーメジャー

遅い初雪で、いよいよ冬到来かと思いきや、

小春日和の昨日今日でやや拍子抜け。

娘がカフェ専門店より2人前入るコーヒーメジャーが欲しい!

と依頼されてきていたので製作です。

業務用では10gでちまちま計るより、1回で20g計れたほうが

確かに効率的ですよね。

さて20g計るには、今の10g用の2倍の寸法で?とはいかず、

容量(体積)計算など昔の数式を思い出しながら

サイズを決定しました。

メジャー材料

決定した寸法に基づき木取りしたヤマザクラとクリ

10gと同じ定番樹種です。

ボーリング

専用刃具でボーリングし、トリマーで所定深さに底さらい

外形切り抜き

型紙どおりカットして外周研磨です。

内側は専用ロールを自作

ロールサンダー

画像のように内周と底を1回でサンディングできる

ものを自作できれば精度と効率upできます。

かんせい20gメジャー

工芸うるしで拭き上げて完成した20gコーヒーメジャー

比較

従来の10g用と比較

径と深さのバランスも満足です。

そして計量の結果、10g用で2杯分

ピッタリと20g計量できて一安心です。

あとは依頼主がどれを選択なさるかですね。

 

 

特注バレッタの製作

先週はクラフトシーズンオフとなった一週間

好天の元、日向ぼっこながらの冬支度です。

嬉しい発見がありました!

アケビ

冬囲いの最中、道路側の垣根にアケビを発見

今まで230も全く気が付きませんでした。

善くもまあ通学路となっている学童たちにも

見つからず、ひっそりと実をつけてくれました。

この時期でも実も皮もパンパンで奇跡です!

☆材料置き場の整理

材料を入れてるスーパーハウスですが、ポンコツハウスと

なりつつあるため、毎年メンテが必要です。

ところが敷地内の別のハウスが不要と言うことで、

渡りに船とばかり譲り受けました。

新ハウス

230のハウスは10mほど手前の実家の同敷地内

材料置き場

手前の比較的短い材料は移動しましたが、大物は

取り出したくてもこの状態ではなかなか・・・

新ハウス内

新しいハウスに少しずつ移動し、必要な材料が

いつでも取り出せるように整理中です。

一人作業なので、12尺ものは重くて重くて・・・

身体がパンパンです。

☆特注バレッタ製作

今年のこでんてんで、黒石市のこぎん刺し作家さんより

リンゴの木を預かりました。

リンゴの木

青森なので、こぎんとリンゴの木を使ったバレッタをと・

通常のバレッタの製作はしておりましたが、カーブ状の

面に掘りこみを入れる作業が発生します。

平面であれば難しい事は無いのですが、カーブ面なので

いろいろ考えました。

初めての試みですが曲げ木でやってみました。

曲げ木の木地

平面で形状を作り、曲げ木の前に煮込みます

曲げ木治具

予め製作した曲げ木治具を使ってプレスです。

なんとか曲げる事は出来ましたが、中にはクラック入りも発生

治具が金型とは違い、加熱して水分発散できないため、

治具からリリース後には徐々にカーブが緩くなり、

設定したRには物足りないものとなりました。

ちなみに楕円タイプは長方タイプに対し、曲げ部の

距離が短くなるため、クラックが入りボツでした。

次の試みは従来どおりのRにカットし、掘り込みを

加工する工法で

カット木地

R形状にカット研磨した生地です。

この状態ではトリマーを使うことが出来ません。

トリマー加工治具

安定するように治具を製作し木地をのせた状態

テンプレート

サンドするように同Rのテンプレートを製作し

トリマー加工

トリマー加工すれば掘り込み完成です。

あとは所定寸法に外形カットし研磨作業へ

バレッタ木地完成

最終研磨とオイル塗布、そして金具を取り付けて完成です。

工法の急所は木地と治具の密着度ですが、接面がR形状のため

大型設備の無い230工房は手作業での摺り合わせで・・・

モノ作りはやはり治具作りが一番重要です。

でないとトリマー作業も危険なので、不慣れな方は

決して真似しないで下さい!

完成品のバレッタの画像は撮り忘れました(笑)

掘りこみの中へこぎん刺しを入れれば、青森県らしい

地産バレッタの完成となる筈です。

 

 

 

 

3年振りの南昌荘

今年最後のイベントに、3年振りの南昌荘へ行って来ました。

前日搬入した金曜日は小雨でしたが、搬入時は雨も止み

宿泊は例によって義兄の家にまたお邪魔です。

土日は晴れ上がり、紅葉は今が最高の見ごろ

南昌荘外観

イベント客のみならず、沢山の方が庭園の紅葉めがけて

入館しています。

玄関

3年前は新緑時期でしたが今回は錦秋

庭園より

会場となった建屋と庭園で写真を撮る方々

ブース1

展示場所もまったく同じ場所にしてもらい、

外の景色は違えど延長線的な感じでした。

ブース2

お隣の国からの観光客は、熱心に作品をパチリパチリ

お馴染みさんも遠くから遊びに来てくれました。

弘前のAさんは角館に続き盛岡へも

またまたオオサンショウウオネックレスを2匹

お連れいただき、もう6匹目に・・・

前先週の赤レンガでオオサンショウウオをご覧になった方は、

両生類が好きなお孫さんを喜ばせるため、特大サイズと

ミニをお連れいただきました。

連れ出されないようにどうやって置こうかなと

楽しそうに奥様と話されていて、こちらもつい楽しくなり・・・

他にも出展者さんたちにも迎え入れられて、

皆さんありがとうございました!

窓際風景

窓からの庭園の景色も今が最高です

ベストポジション

展示スペース横のこの場所がベストポジションで、

お茶とお菓子で楽しむ方も多く見られました。

窓越し紅葉

窓越しから庭園紅葉を眺めながらの最終イベントは、

暑からず寒からずの一年の疲れを癒す

気持ちの良い2日間を過ごすことが出来ました。

撤収の時は今までの最短時間で、1時間で会場を

出る事が出来ました。

これもいつもの義兄夫妻のお手伝いのお陰で、

とても感謝です!

今後はまず冬囲いや1棟増設となったスーパーハウスの

材料置き場整理、受注品の製作、干支・・・

来春までじっくり製作に励みます。

 

 

 

秋晴れイベントは2会場で

3日間とも最高の秋晴れで、移動も気持ち良く・・・

11/2-3は金ヶ崎の”こしゃる&どこどこ市”へ

今年でもう5回連続の参加となります。

白糸まちなみ交流館

去年に続き白糸まちなみ交流館の古民家で

会場内1

風も無く穏やかな天気で、時間前から

沢山のお客様で賑わいました。

会場内2

室内ですが、作品展示が多い230にご考慮いただいき、

贅沢展示ができ主催者さんには感謝です。

初日は平日とあって、やや年齢層が高め

数年ぶりにお会いできたお客様がいて、元気そうな

お顔を拝見でき、そしてコブ材の花器をお持ち帰りに。

2日目

今回から来年の干支・亥のデビューです。

亥

ブログの告知を見て下さった新潟のお客様が、

わざわざ朝3時出発で求めに来てくれました。

鳥海クラフトでお知り合いになったお客様ですが、

金ヶ崎まで来てくれるとは、嬉しすぎます!

そして休日のこの日は、お子様連れの若いファミリー層にも

たくさん来ていただきました。

そんな若いファミリーに、トチのコブ材のレアな

時計を迎え入れていただきました。

コブ材の花器なども熱心に見ていましたので、きっと

木の魅力に精通する方かなと・・・

いつもゆったりとしたイベントなのですが、今年は

好天のお陰かあっという間の2日間でした。

3日間のイベントですが、日曜日は地元秋田ふるさと村の

秋のくらふと散歩に行って来ました。

ふるさと村1

アート&クラフトフェア会場となった広場は紅葉~落葉

ふるさと村2

静まり返った広場をチューチュートレインだけが

イベント会場は室内の一角で

イベントブース

菊祭り会場へ行く観光客などが多く、結構な人が通ります。

お立ち寄りいただくのは市外の方がほとんどで、

そして出展者の方も知り合いの方がほとんど。

手が空けばあちこちで立ち話で暇しません。

これが最後のイベントの作家さんが多く、これから製作する

パーツなどたくさんお買い上げいただきました。

コブ材の花器は何処でも人気でまた品薄に。

次回、盛岡南昌荘に向け、これから仕掛り品を仕上げます。

11/10-11は盛岡・南昌荘での華和美てづくり市です。

南昌荘

紅葉の庭を眺められる会場です。

今年最後の出展となりますので、眺めに来て下さい。

来年の干支・亥もたくさん持っていきます!

 

 

 

 

 

今年2度目の盛岡赤レンガ館

今度は初夏の盛岡から、紅葉の盛岡赤レンガ館へ

前日搬入は気持ち良い秋晴れの中で、

そして盛岡在住の義兄の家にお世話になります。

帰ればお風呂の準備が出来ていて、姉の手料理で

遅くまで楽しませてもらうパターンに・・・

赤レンガの近くは駐車場が小さく、そして高いため

送迎までしてもらい、至れり尽くせりです。

初日は時々冷たい雨が降ったり止んだりの天候

赤レンガ

傍の川原では農業祭りなどイベントが盛りだくさん

会場内

農産物など買い求めたお客様もいっぱい入りました

外国語を話す観光客も入ってきますが通じたかは???

チャリティイベントで本格的クラフトとは違うのですが、

ブース1

いつもと変わらぬ作品構成です。

左のカヤのモモンガ振子時計も盛岡の地に定住しました。

ブース2

時節柄お供えセットもディスプレイ

こちらもお持ち帰りいただくことに、

以外と木のお餅を求めていることが、あちこちの

地域を回って実感します。

そして大きな作品が出ると、帰りの荷物に隙間が

出来る事を実感できるので嬉しくもなるのです。

また、大きなクラフト会場とは違い、ゆっくり

お客様とお話できることも時間を感じさせません。

知り合いの作家さんも遊びに来てくれて、

情報交換したりとついつい昼食が3時の

おやつタイムとなった初日でした。

2日目の朝は良い予感?

朝の虹

地上から地上へハッキリとした円弧の虹が

天候の回復が期待出来ます。

この日もお世話になっている作家さんが

遊びに来てくれました。

いつもいろいろな会場へ、陣中見舞いのように

来てくれるので、力強く感じています。

この日も市内の方、観光客など途切れることなく

来館され、撤収時間が迫る頃からまた2山3山の

お買い上げがあり、片付けた中から再び取り出したりと、

最後まで嬉しいイベントでした。

搬出の時も姉夫婦にお手伝いをいただき、

運ぶ手間も半減以下となり感謝でした。

まだまだ出展は続きます。

11/2~3は金ヶ崎のこしゃる&どこどこ市へ

こしゃる

そして11/4(日)は秋田ふるさと村の”秋のくらふと散歩”

07_くらふと表

今度からは来年の干支、猪を持っていけると思います。

ぜひ見に来て下さい!

 

 

一ヶ月振りにクラフトオフ

昨夜は十三夜

十三夜

くり名月なので、くりとススキを準備して

いもの子汁も供えて季節を感じました。

急速な冷え込みとなり、もう小さなストーブを

朝晩手放せません。

ブナの実

大量の実がついたブナは、すっかり実を落とし

木の下は足の踏み場もなくなっています。

来春どれほど芽を出すか楽しみ!

4週続いたクラフトも、今週は一ヶ月振りに

オフとなりました。

といっても土日ゆったりしているわけでは・・・

かえってくたびれます。

クラフトの度に作品がお客様の手に渡り

減っていくわけですが、それなりに作っています。

毎週ですと5日の在宅で製作が3~4日、

一週空くと結構な製作日が取れます。

製作のチャンスなのです。

在庫のあるものでまかなう人もおりますが、230は

どのクラフトに於いても、同じ条件でお客様に

見ていただくのがポリシーです。

従って、無くなった作品、手薄となった作品を

少ない日数でも作り続けています。

スプーン磨き

欠品となったディナースプーンもその一つ

使い易いとリピーターさんが追加購入も

秋の柔らかな陽のもとで、日向ぼっこしながら

最後は手仕上げで最終研磨をします。

スプーン研磨

新材のアサダで製作

スプーン拭き漆

拭き漆を数回繰り返し、今週末には持っていけます。

このほか手薄の作品も十分補充しました。

この間、新作も手がけてます。

根つけ棒

画像の品は新作の根付棒です。

お客様より度々尋ねられることがあったので、

今回商品化しました。

和服の帯に限らず、いろいろな所に差し込んで

根付やストラップ等を取り付け出来ます。

トチ根付棒

輸入材の他、トチの虎杢も拭き漆中です。

いろいろ取り揃えて、春とはまた違った品揃えで

盛岡赤レンガ館へお邪魔します。

Waのまち

週末から少し気温が下がりそうなので、

寒くない服装でお越し下さい。

赤レンガ館

旧岩手銀行・赤レンガ館でお待ちしています!

 

好天の秋彩こみち

角館は近場なので、いつもよりゆっくりと出発

朝もやは好天の兆しなのでうきうき

この秋ずっと雨や台風の影響を受けたので・・・

準備完了

朝陽を受けながら気持ち良くスタンバイ

会場1

陰影がクッキリと秋晴れの絶好のクラフト日和

開場前よりどんどんお客様がやってきます。

会場2

230の場所は木と木の間の1ブースでゆとりタップリ

隣を気にすること無く気持ち良いですね!

会場3

スタート10時で、もうこの賑わい

最初のサンショウウオのお客様は、

朝一の飛行機で東京よりお越しのご夫妻でした。

奥様はネックレスとストラップ、ご主人は置き物を

とても喜んでいただき、東京方面にも出展しないの?

と言われましたが・・・

仲の良さそうなご夫妻で、このあとブース前で

記念撮影をされていました。

サンショウウオコーナー

サンショウウオコーナー前は人気です。

昨年のにかほっとでのお客様も、今度は

ご主人共々お立ち寄りいただき、一番大きな

サンショウウオをお連れいただきました。

青森県からは、五所川原でお世話になったお客様が

インスタで確認され、十和田湖での写真撮影の途中

予定変更で駆けつけてくれたそうです。

Aご夫妻にも3匹目を連れて行っていただきました。

何処でも大人気のお客様とサンショウウオに感謝です!

ブース内

終日ブース内も賑わいで、楽しく終了です。

2日目も良い天気

青空

紅葉には少し早いですが、青空に映えます。

手に取る方が沢山いるのですが、全然出なかった

初日のコブ材の花器ですが、2日目は違いました。

コブ材花器

一人にお買い上げいただくと法則どおり次々に

2番目の方は戻って来られ、あれ~あの端っこのが

無くなってる・・・

やっぱり買えば良かった~と

でも230お勧めのトルコキキョウの入った物をゲット

こういったやり取りの間に次々と人が集まり、

また次の方もと相乗効果です。

皆さんお花を入れたまま喜んで持ち帰ります。

いつも季節の野草や花々を厳選して用意します。

ちなみにトルコキキョウは娘の嫁ぎ先の

ハウスで栽培されたものですが・・・

今日のお昼は主催者側に注文したお弁当

お弁当

いろんなおかずが入り、味もグットでした。

そして2日目も東京からのお客様や遠方より、

観光地ならではの集客を感じました。

今年の屋外でのイベントはこれが最終ですが、

屋内がまだまだ続きます。

盛岡の赤レンガ館、金ヶ崎、秋田ふるさと村

最後が盛岡の南昌荘となります。

赤レンガまでは1週空きますので、補充製作

シリーズの干支のイノシシ、いろいろ用意します。

 

 

 

 

土澤アートクラフト2018秋へ

土澤アートクラフト2018秋が終わりました。

心配された台風25号も温低に変わりましたが、

強弱を繰り返す風の中、秋田道で東和町へ

雨も無く、ただ時折強い風で外の出展者は

テント設営を苦労していました。

230はいつもどおり建物内でその心配も無し

賑わいステーション

10時スタート前より沢山のお客様が歩いています

すぐに歩行天道路は

道路

回を重ねるごとにすごい人出となります

ブース内

入り口入ってゴジラの隣が定位置に

店内1

建物内は大混雑で、なかなかゆっくり接客できず

ブースも外とは違い狭いのが玉に瑕です。

店内2

狭いながらも工夫しながらのレイアウトで、

何とか全作品を展示しています。

初日、2日目ともお買い上げは好調でしたが、

混雑でほとんどが単品のお買い上げです。

テント内のように、時間を掛けての接客ができれば・・・

長短天秤を掛けての室内展示ですからわがまま厳禁!

お馴染みさんも、以前購入いただいたものでの作品を

持参して立ち寄ってくれます。

持ち手のバック

エンジュの持ち手のバックは教室主宰の先生

コキの袋

コキを使った袋は、男性の作品

インスタやブログを見ていて下さる方々も

目当ての新作を求めにたくさん立ち寄っていただき、

嬉しいですね~

沢山持ち込んだ大小のオオサンショウウオ達も

ほぼ完売状態で、今日から仕掛り品を休む間もなく・・・

大きな置物たちは、出展者のクラフトマン達の元へ

良い仕事をする方々にも認められ、理解されての

お買い上げにはほんとに喜びを感じます。

充実した2日間でした

土澤といえば山の幸が豊富です。

今はキノコの時期で、5年位前までは230も

山を駆け巡っていたのですがとても時間が無くて・・・

どうしても天然マイタケの味が忘れられず

天然マイタケ

買ってしまいました!

小分けしたものですが、茎も充実した良品です。

何十kgも採って、たらふく食べてきた230ですが

まさかお金を出して買うハメになるとは思っていませんでした。

きりたんぽ鍋を予定しているもので・・・

4週連続の締めくくりの今週末は

かくのだて

かくのだてでお待ちしてます!

桜並木の右側、17番に出展しますので