紅葉の夏油てしごと市

紅葉の進む夏油スキー場で、てしごと市が開かれました。

初日は曇り空で肌寒かったのですが、2日目は秋晴れで

両日とも大勢のお客様で賑わいました。

ブース

準備の終わった230ブース、屋内はテント張り作業もなく

時間に追われることなく余裕で完了。

ドーム内

ドーム内展示で、隣との間隔もゆったり

来場者

曇り空でも来場者は多く、皆さん冬構えの出で立ち

暖房が入るとのことで比較的薄着で行きましたが、

室内でもやや寒さを感じた一日でした。

今年初めての岩手県、久々に駆け出しのころ大変お世話になった

大先輩にお会いし、元気な姿で現役バリバリを拝見すると、

まだまだ頑張らねば!

仕事も大事ですが、目の前に山があるのを見ると

なかなかブース内にジッとしておれません。

スキー場脇を歩いてみると

クサウラベニタケ

ありました!キノコの群生です。

シメジに似ておいしそうですが、よく食中毒例のある

クサウラベニタケでした。

今年も産直で、購入した方が食中毒を起こしていましたね。

プロでも間違うキノコです。

クラフトばかりでなく、目当てのものを食べたり、

キノコ採りをしたり、楽しさいっぱいの夏油です。

2日目の朝もスキー場へ向かう道脇でキノコ探し。

落葉

いつもの場所にありました!

大半が少々時期が過ぎ気味でしたが、それでも20本ほど

ハナイグチ(ラクヨウ)をゲットして2日目の職場へ。

雲海

駐車場からは雲海が広がる眺め

スキー場

早朝のスキー場の眺めは、とても気持ちのいいものでした。

このあとゴンドラは、長蛇の列が終日続く賑わいでした。

絶好の紅葉日和となった2日目は、大勢の来場者で

館内も大賑わい。

一時集中の午後は少々慌てるときもありましたが、

何とか良いクラフトで終了することができました。

アジサイ

前回のにかほっとから花器類が好調となり、

次回の秋田ふるさと村まで、コブ材の花器は必須アイテム。

いろいろ製作予定アイテムはありますが、マイペースで

作り続けます。

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です