サクランボ材のカフェプレート

毎年今頃は、孫たちの賑やかさで忙しい我が家も、

この夏は普段と変わらず・・・

帰省の自粛は残念でもあり、安心でもあり胸中複雑

世の中どこのジジババもこんなところかな?

せめてもの気持ちだけでもと、故郷の美味いものをかき集め

送って来たところです。

 

以前製作した杉桶のフォトフレームが好評で追加製作

杉桶フレーム2L

重厚感の割には杉材のため軽量で扱いやすい

2L

今回は横使いで2Lサイズも

L

この一枚は、上面の縁が桶そのままの縁使い

Lと2L

Lと2Lの比較

拭き漆により何とも言えない発色が魅力のフレームです

 

サクランボのスライス材で手彫りカフェプレート

サクランボスライス材

サクランボのスライス材が乾燥したのでプレートに

プレート木地完成

カンナをかけて面取り整形し木地は完成

このまま使用できますが、また一手間掛けたくなります。

手彫り

木取りが輪切りに近いスライスのため、年輪を直角に彫るため

通常より刃と肉体には堪えますが・・・

彫痕

ハニカム、ランダム、放射状と気の向くままに彫り込んで

オイルフィニッシュです。

カフェプレート

自然木スライスカットのため形状はバラバラ

最大幅11cm、長さ23cm~28cm

使用例1

カップとお菓子が載るサイズです

使用例2

使用例3

形、色目、彫り方いろいろな角度からチョイスできます。

 

酒田市のまつやま大手門くらふとフェアより選考結果が届き、

9/26~9/27出展いたします。

最終開催決定は直前まで判断できないと思いますが、

9月初旬にはいったんご報告いたします。

開催の際は感染予防対策の上お越しくださいネ!

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です