スマホスタンド

暑かったり肌寒かったりと、体調管理対応が

難しい今年の梅雨ですね。

毎年結実が難しいアケビ

アケビ

今年は山のアケビの雄花を持ってきて受粉させてみました。

成果が実り結構実が付き、秋が楽しみです。

鉢トマト

鉢植えトマトも少しですが毎日収穫できるようになりました。

この一週間は息子からのリクエスト提案のあった、

スマホスタンドの製作に掛かってました。

沢山の方々がスマホスタンドを製作していますが、

使い方として単純なため、どれも代り映えしないのが本音。

少しでも230のオリジナリティを出したいため、

案が確定するまで結構悩みながらの試作の繰り返し。

そして本番は

木取りパーツ

2セット分のエンジュの木取りパーツと

受けパーツ

互換性のあるスマホの受けパーツの切り欠け加工中です。

そして230キャラのモモンガも

モモンガ加工中

今回はいつものサイズよりかなり小さく、苦戦を予想しましたが

4体とも象嵌一発成功で一安心。

こうして出来上がったタイプ1

タイプ1

角度を自在にできるモモンガキャラ付き(取り外し可能)

タイプ1裏

角度調節は丁番を使えば超簡単ですが、木工屋の端くれとしては

少々こだわりました。

角度調節仕組み

ナットをインサートしてねじ込みに、ボルトだけは金属で

我慢していただきます。

タイプ1全景

こんな感じで使っていただければ・・・

モモンガ付き

スマホ疲れたらモモンガ眺めてください!

タイプ1.2

右がタイプ2で裏の仕組みが違います

タイプ2、3種

ヤマザクラ、ケヤキ、ホウの3種

タイプ2角度調整

楕円の受けが角度調整の主

大概のスタンドは背面に穴を数か所空けて角度調整ですが、

230は楕円の受けを0、90、180度回転させることで

55~75度の角度調整を可能にしています。

最後はタイプ3

タイプ3

薄板2枚で製作できますが、精度は一番シビアなタイプ

タイプ3裏

受け板をスライドさせるとこれも角度自在

抜けば板2枚なので、かさ張らず持ち運びにも便利です。

ただ差し込む窓抜き加工のクリアランスがシビアで一番面倒。

ケガキ線の0.2~0.3ミリの攻防を手でやるため、

神経疲れます。

これらはスマホスタンド以外にも、フォトフレームの

スタンドとしても利用できますので・・・

秋田ふるさと村のアート&クラフトフェアが、9/19~9/22

開催されます。

出展者も公表されていますので覗いてみてください。

http://www.akitafurusatomura.co.jp/pages/event/1194

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です