ケヤキのプレート完成

先週は、12月としては今まで経験の無い積雪量に

ビックリ!なんと観測至上最高とか

訛った身体には良い運動になりました。

長らく欠品していたケヤキのプレートが完成しました。

挽き割り材

木目の良い9cm厚さの材を8~9mmに製材

今回の材は幅40cmほどだったため、230の

帯鋸には掛からず近くの製材所にて薄板に加工です。

数日間寝かせた後

形状加工

所定寸法に形状カットです。

鋸目

帯鋸の目が規則正しく残っており理想どおりの仕上がりで・・・

研磨直後の切れる刃を使用すると、こんな具合に表面は

仕上がってくれないので、ほどほど使用感のある帯鋸を

使用するタイミングが重要なんですがご理解できますでしょうか?

面取り

エッジのバリ取り後は面取り工程

ここまでは比較的スムーズですが、この後の表面研磨が

手作業で一番時間を要します。

帯鋸の挽き目を壊さず、漆を拭く肌にする按配が・・・

仕上げ工程は塗って拭いて乾かし研磨を数回繰り返し、

プレート1

ケヤキプレート小鋸目仕上げ拭き漆330x220完成

プレート2

入り皮部分の自然形は340x230

左側は行き先が決まってしまいました。

プレート3

大360x250は新たなサイズで、大き目のご希望の

お客様が多かったので新規サイズです。

小と大は数ありますので、ご連絡いただければ・・・

フクロウも補充

フクロウ

スカスカになったフクロウも大補充

いままで使用していなかった材も新規仲間入りです。

口ばしにはもう仕入れできない貴重材、黄色いアマレロも

大事な端材から使用しています。

製作にあたっての重要ポイントは目の加工

目の加工

寝かせるとドリルに直角に向きません。

直角度が出るように、右の端材のような受け字具を製作

目の加工2

こうすればドリルに対し直角度が出て加工も安定します。

限りない工夫と仕掛けの発想が楽しい木工でもあります。

新材も入荷しております。

新材入荷

まだ流通している輸入材ですが、サンショウウオやドングリなどに

来季の新材として仕入れしました。

ギラギラ杢の入ったパープルハートも磨けばウッシッシ

ビーフウッドの杢目にもウキウキしてます。

皆さん楽しみにしていて下さいネ!

そして今週土曜日12/14一日だけですが、

今年最後のイベント、滝沢クラフトフェスタ2019WINTERへ

出展します。

滝沢は横手と違い雪は無いそうで、ご都合つく近場の方々は

お待ちしています!

 

 

4 thoughts on “ケヤキのプレート完成

  1. こんばんはです。
    ケヤキのプレートに出会えるのも楽しみですが、
    輸入材の新材、私的には上から3番目がとても気になる~
    斑と縞模様、サンショウウオ用に小さくカットしたら
    模様はどちらかになってしまうんだろうけど、中間で
    取れたら最高でしょうね。
    まだ製作は先でしょうか?良ければ上から1番目の紫と
    3番目の斑/縞模様、予約してもいいですか?
    よろしくお願いいたします。

  2. >aoyagiさん
    返信遅くなりました。
    選眼流石!230も欲しい材の杢目です。
    お客様ファーストで製作しますのでお楽しみに!

  3. 新年おめでとうございます。
    去年の秋のはじめ頃、酒田の松山城址公園で鉛筆補助サックの製作をお願いしました。
    私の方は建築工事で頭が回りませんでしたが、やっと仕上げ段階に入り落ち着いてきました。秋田の内陸は雪が多いようですが、酒田は道端にある程度です。
    折を見て出掛けますのでご連絡ください。

  4. >くまさん
    おめでとうございます!
    依頼の鉛筆ホルダーは、いろんな樹種で完成しました。
    天気と相談しながらお越し下さい。
    今年もよろしくお願いします。

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です