第3回小さな冬のクラフト展

第3回小さな冬のクラフト展を無事終えることができました。

会場作りは、近場の出展者さんや前日搬入の作家さんにも手伝ってもらい、

3回目ともなるとスムーズに・・・

ただ当日8時頃よりモソモソと雪が降り始めましたが、

9時前には止み、当日搬入者も濡れずにホッ でした。

会場1

会場内はゆったりスペースで

会場2

来場者も昨年よりややゆったりのスタートでした。

この雰囲気がお客様とのコミュニケーションの

場となり、自作品のアピールに繋がります。

それぞれの常連さん、新たな顧客となった方との

次回のお約束もできたり・・・

会場3

徐々にご来場者も増えてクラフトらしく

230ブース1

y2ではパーティションも使用できるため、普段は

できない展示も可能です。

カップ類

新作のカップ類も豊富に展示しました

お玉類

新作スプーン、穴あきお玉も好調でした

干支

来年の干支寅もデビュー

毎年求めている方々も、出来たてほやほやの寅を

真剣に品定めをし、あっちこっちに旅立です。

今年の寅は天然秋田杉とセンで製作

天然秋田杉は数に限りがあり、あと数個しかありません。

センはまだ大丈夫です。

そのセン

セン柾目

画像は柾目部分で変哲無いのですが、横から見ると

セン板目

板目杢になります

板目木取り

木取りしたのが上の画像で、ギラギラしたセンの板目を使用し

寅を製作しています。

230は色付けをしないので、あくまでも杢目と造形で勝負

因みにセンはホワイトタイガーかな?・・・

クラフトの様子に製作説明が入ってしましたが・・・

夕方の会場も華やかで

y2イルミネーション

ブルーのイルミネーションが鮮やかに演出してくれました。

2日目は天気も回復で、お客様も回復

今の陽射しは心地よく感じます

魁新聞さんの記事掲載もあり、見た方々が駆けつけて下さったり、

朝から好調でした。

時にはこんなに混雑する場面もあり嬉しくなります。

小さなクラフト展ですが、中には大きな収穫の

作家さんもおり、和気あいあいの楽しい2日間を

皆さん過ごせたようで安堵しました。

出展者全員で作り上げる小さな冬のクラフト展

自主的に準備・後片付けをやってくれるので、

主催側もホントに助かります。

メディア、フライヤー設置、y2プラザ、皆様方の

ご協力のお蔭をもちまして、次回も開催できると

確信しました。

 

 

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です