ハンノキの皿

朗報です!

秋田ふるさと村の「秋のクラフト市」が開催されます。

この秋の初イベントで、作品のお披露目ができそうで

ホッとしているところです。

ふるさと村秋のクラフト市

ウォーキングも相変わらず恵みのある方向へ

イガグリ

あちこちお裾分けしても、食べきれないほど保存も

出来ましたが、拾い集めるのが面白くついつい・・・

面白形

双子になり切れなかったのか、面白い形も

スギワケ

道端の杉の伐根には、スギワケ(スギハリタケ)も

以前は採って食用にしていましたが、農水省より

食べないようにとの通達が出ており、今は採りません。

肝機能低下の人には影響が出ているみたいで・・・

美味しいキノコなのに残念です!

(通達後もしばらく食べましたけどね)

クリ材一車

大量に手に入ったクリ材でしたけど勘違い

ハンノキ

材料の核心を得るためカンナを掛け肌を確認

ハンノキ確認

一皮むいたらきめ細かな綺麗な肌色の材に

明らかにクリ材とは違います!

木肌や樹皮の特徴を詳しく調べてみると

ハンノキと判明しました。

とても軽くキハダも綺麗でしかも密で、加工も

し易い材料です。

ただ全てが板材なので、薄皿を挽いてみました。

ハンノキ小皿

12cmの小皿を挽いたところ、案外いける作品に

ハンノキ薄皿

12cmから3cmピッチで21cmまで4サイズ

ハンノキ薄皿2

裏はややふっくらに仕上げています

ハンノキ薄皿スタッキング

2組仕上、拭き漆で耐水処理をしています。

また大皿のオーダーも入っており、しばらく

旋盤作業が続きそうで、並行して作る作品も

ぜひ秋田ふるさと村の「秋のクラフト市」で

ご覧ください!

秋のクラフト市出店者リスト

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です