まつやま大手門くらふと2019

今年も天気とブース立地を不安視しながら現地に

会場は風も無く曇天で気持ちは晴れに回復

ブース全景

今年は舗装地に当たったため、水汲みをして重りを設置したりと

余分な労力を朝より労費してしまいました。

会場風景1

お客様はかなり立ち寄ってくれるのですが、なかなか作品が

飛び立たない初日午前中で、一息入れる回数が増えます。

風景2

昼時を過ぎてお客様も増えてくるのですが、芳しくない230

そんな時、鳥海でモモンガの時計を買いそびれたというお客様

それを買い求めるため真っ直ぐにやってきたと言うのですが、

その時計は残念ながら有りません。

ブース内1

モモンガ時計は左のミズナラの新作を連れて来ていました。

同品では無かったものの新作のモモンガは、酒田の地に

定住が決まりました。

この時間帯より動きが活発化

サクラ花器

ヤマザクラ樹皮の花器にも注目が集まり又、樹皮の花器の

リピーターさんは、今回はコブ材の花器をゲット!

インスタには綺麗な花々を数多く投稿しており、今度は

コブ材の花器に生けた花の投稿画像を楽しみに期待出来ます。

こんな状態でモモンガ時計より流れが変わり、なんとか予定通り

終了した初日でした。

夜は雨が予測されるため、いつもより念入りにテントの養生で

市内のホテルに宿泊。

この日はラグビーのアイルランド戦で、食いつきたいところですが

まずは汗を流すことが最優先で、

食事しながらテレビ観戦を予定してたのですが、先客が別番組に

噛り付いていたので、やむなく食事に集中しました。

夕食

庄内豚のしゃぶしゃぶで明日へのエネルギーをでした。

2日目は一晩降った雨もほとんど上がり、時間前より

リピーターさんが次々と立ち寄ってくれます。

ブローチ群

このブローチ群も結構注目の的

こだわりの材料と立体象嵌で一手間掛けた品々です。

新作カエル

新作のカエルも小太りにして、背中もなで易くなったとか

カエル2

ぬめり感があって良いとか

ブローチカエル

新たにブローチカエルも仲間入りし、漫画チックに製作しました。

カエルのリピーターさんは今回左上のひょっこり顔出しカエルを

お持ち帰りいただき、仲間を増やしてもらってます。

2日目会場

雨の心配も無くなったので、会場内は多くの人出

サンショウウオオブジェが気になる親子は、3回も立ち寄っていただき

最終的には大きなサイズをお連れいただく事に

お蔭様でまた生みの苦しみが待ってますが・・・

230にはよく若手の自然農法の農家さんが立ち寄ってくれます。

共通点はカトラリーやテーブルウェアに目が行くようです。

優しく、柔らかな感じで自然を何気なく取り入れた仕上げに

共通するところがあるのかも?・・・

鑿痕を残したスプーンや樹皮付きのフォークを選ばれました。

今回は比較的大きな形状の作品が旅立ったことから、

後片付けの荷造りも時短でき、いつもより30分早く

松山を出る事が出来ましたが、湿度が高く蒸れ蒸れで疲れました。

次週は計画的に一週空けています。

かくのだての”秋彩こみち”に向けて、作品補充の為です。

再来週かくのだてでは、充実した作品群で待ってますので!

 

 

    

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>