こんな時も・・・仙台クラフト

勤め人時代は会議等で仙台へは時々行きましたが、

この世界に入ってからは初めて

よって230としては仙台初上陸となりました。

アグリエの森

秋保のアグリエの森という産直販売的な施設の敷地内で

施設の中は農産物や仙台名産の直営店、フードコートもあり

かなり賑わってました。

ブース

事前に雨は覚悟で行ったのですが、2日間ぶっ通しの雨は

あまり記憶にありません。

それでも初日は良い事がたくさん!

時計コーナー

仙台在住の若い家族のママさんが左のイタヤカエデの

振子時計に一目ぼれ

迷わずお持ち帰りいただき、この地に定住です。

山形のどこでもお世話になっているご夫妻も訪れていただき、

新作の猫ブローチ等即決。

カトラリーコーナー

枝豆の箸置きも大量買いする方が現れ、容器の底が見えるほどに。

山形や岩手でナマズやオオサンショウウオをゲットしている

仙台在住の若いお兄さんも銘菓の差し入れを持参で

会いに来てくれ感激する場面もあった一日でした。

宿泊は近くにビジネスホテルがないことから、やむなく近くの

高いホテルを予約していました。

従って晩飯は外で軽めに取ってからチェックインし、

いつもと違う贅沢すぎる部屋でゆったり。

当然温泉地なので夜、朝風呂とリラックスで

朝食は二人ともガッツリと

富美雄

家内は野菜中心に

純子

タップリ食べて臨んだ2日目も雨足は弱まらず

会場

足元には光るものも広がりつつ

会場2

230ブースと反対側は今にも田植えが出来そう状態

客足

こうなれば客足も当然チラホラに

こういう状況になれば敵いません。

そんな訳で1h切り上げて撤収の英断を主催者が。

最後まで雨から開放されない2日間でした。

このクラフトは地元仙台に、もっと深くクラフトの良さを

広めて行きたいという同志の若い作家さんが始めたものです。

全国からプロ作家さんに来ていただき、自分のブースを

投げ出してまで抜かりの無いよう、最後まで頑張る

姿に感服しました。

これを糧にステップアップすることは間違いないでしょう。

そして足元の悪い中お越しいただいたお客様へは

感謝申し上げます。

こんな天気の時はサンショウウオ達は活発なのですが、

さにあらず、少しだけ置いてきました。

5週続くイベントも今回が最終で、ようやく1週空きます。

その間チョッとだけお家のお直しや、材料調達で

伐採現場へ足を運んだりとたぶん多忙に・・・

7/13からは五所川原へ向かいますのでよろしく!

 

 

 

 

    

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>