今年2度目の盛岡赤レンガ館

今度は初夏の盛岡から、紅葉の盛岡赤レンガ館へ

前日搬入は気持ち良い秋晴れの中で、

そして盛岡在住の義兄の家にお世話になります。

帰ればお風呂の準備が出来ていて、姉の手料理で

遅くまで楽しませてもらうパターンに・・・

赤レンガの近くは駐車場が小さく、そして高いため

送迎までしてもらい、至れり尽くせりです。

初日は時々冷たい雨が降ったり止んだりの天候

赤レンガ

傍の川原では農業祭りなどイベントが盛りだくさん

会場内

農産物など買い求めたお客様もいっぱい入りました

外国語を話す観光客も入ってきますが通じたかは???

チャリティイベントで本格的クラフトとは違うのですが、

ブース1

いつもと変わらぬ作品構成です。

左のカヤのモモンガ振子時計も盛岡の地に定住しました。

ブース2

時節柄お供えセットもディスプレイ

こちらもお持ち帰りいただくことに、

以外と木のお餅を求めていることが、あちこちの

地域を回って実感します。

そして大きな作品が出ると、帰りの荷物に隙間が

出来る事を実感できるので嬉しくもなるのです。

また、大きなクラフト会場とは違い、ゆっくり

お客様とお話できることも時間を感じさせません。

知り合いの作家さんも遊びに来てくれて、

情報交換したりとついつい昼食が3時の

おやつタイムとなった初日でした。

2日目の朝は良い予感?

朝の虹

地上から地上へハッキリとした円弧の虹が

天候の回復が期待出来ます。

この日もお世話になっている作家さんが

遊びに来てくれました。

いつもいろいろな会場へ、陣中見舞いのように

来てくれるので、力強く感じています。

この日も市内の方、観光客など途切れることなく

来館され、撤収時間が迫る頃からまた2山3山の

お買い上げがあり、片付けた中から再び取り出したりと、

最後まで嬉しいイベントでした。

搬出の時も姉夫婦にお手伝いをいただき、

運ぶ手間も半減以下となり感謝でした。

まだまだ出展は続きます。

11/2~3は金ヶ崎のこしゃる&どこどこ市へ

こしゃる

そして11/4(日)は秋田ふるさと村の”秋のくらふと散歩”

07_くらふと表

今度からは来年の干支、猪を持っていけると思います。

ぜひ見に来て下さい!

 

 

    

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>