土澤アートクラフト&手創る市

昨年よりGW中が自由に動けるようになり、

クラフトイベントに出店しています。

5/3~5/4は東和町の土澤アートクラフトへ。

今回は訳あって、いつもと違う賑わいステーションの中。

知り合いの作家さんもたくさんいます。

土澤ブース

初日は雨が降ったり止んだりとパッとしません。

でも昨年の秋の土澤で、トチのネックレスに

惚れ込んでくれた奥州市のお得意様、

ブローチが好みなんだそうで、冬のオフに

作っていました。

ブログを見ていただき、この日早速お越しいただき、

お買い上げいただくことができました。

約束したわけではないのですが、こうやって来ていただくと

やってて良かったと嬉しい限りでした。

また嬉しい出会いもありました。

数年前よりバックの持ち手を使っていただいている

和歌山のレザークラフト作家のGOEさんと

初めて会うことができました。

GOEブース

今回土澤に出展したのです。

カラフルなレザーを使ってのインパクトのある

様々な作品を、目の当たりにしてきました。

2日目もスタートは雨で寒さも加わって・・・

ですが朝一より空模様と違って好スタート。

大サンショウウオの親子やストラップが次々に。

サンショウウオスト

お昼前にはサンショウウオストラップが完売。

もう少し作っておけば良かったと時遅し。

午後からは天候も回復し、大勢のお客様で

いつもと同じ土澤アートクラフトでした。

5/5はあきた芸術村(わらび座)の手創る市へ

初めて出展しました。

手作る市

わらび劇場や田沢湖ビールレストラン横の広場で

5/4~5/5開催ですが、一日だけの出展でした。

230ブース手作る市

初日は雨風が強く、テントも飛ばされたりと

出展者の声が聞こえてきましたが、本日も

晴れてはいるのですが強風が吹き荒れます。

陳列した小物類は軽いのとツルツルに

磨き上げているので風に弱く、すぐ飛ばされます。

横に風除けシートを設置し、接客よりも風対策で

悪戦苦闘でした。

来場者は通常のクラフトとは違い、目的を持った方は

少なく、観光客や観劇の方が多く見受けられました。

それが証拠に、わらび劇場や小劇場の公演が終わると

ドッと?会場に押し寄せる感じでした。

主催者もこの流れを期待しているとのこと。

やはりお買い上げの方は他県の方も多く、

泊まりで観劇しているというファンクラブ会員の

おっチャンもいて、なんと小鳥のストラップは

在庫全部をまとめ買い。

いろんな方々と出会えた一風変わったイベントを

楽しんできましたが、何やら力を使い果たし

体中の筋肉が悲鳴を上げています。

5/19~5/20のたざわこクラフト市を目指し、

また作品製作に励みます。

 

 

 

土澤アートクラフト&手創る市” への2件のコメント

  1. >kuoさん
    お疲れ様でした!
    230よりゴジラがメインだったという噂もありました。
    おせん寄りました?
    たくさん買った?

    

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>