久々のミニ椅子

昨日の朝はほんとにビックリ!

この時期に20cmの積雪があり、もちろん除雪車の

出動も無く、家の前の道路は車がラッセル状態でした。

今日は暖かく、積もった雪も融けて無くなり

春のエネルギーは大した物です。

☆ミニ椅子

ミニ椅子もカラカラ状態だったので、シーズンを前に

補充の製作に掛かりました。

ミニ椅子材

ミニ椅子はありきたりの材料ではなく、こだわった材料を

使い続けています。

確実に230の好み順位から出て行きます。

今回も神代杉、クロガキ、プラタナスのコブ、トチのスポルトetc

ランド作り

座板の両面は、ルーターでラウンドを整形します。

ミニ椅子背板

背板は座板の共木を使ったり、小枝を整形したり・・・

小さなパーツですが、座面に合わせたR面加工まで

結構こだわりぬいた作りが基本です。

今日は研磨作業をしていたのですが、午後より来客が・・・

茨城クラフトへ出展した知り合い作家さんが、

帰路立ち寄ってくれました。

久々に会いついつい話も弾み、帰ったのが5時過ぎだったので

今日の作業は研磨途中で終わりということに。

続きは次回ですね。

☆こんなことにも挑戦

丁寧に掘り上げたハニカムパン皿やツルツルのプレートも

好評なのですが、真逆の荒々しい表面のプレートも作りたい!

そんな事で材料を製材

チェリー材1

サクランボのチェリー材です

チェリー材2

長方形ではなく、あえて耳付きの自然形で予定してます。

厚さ2cmに製材し、後で反り取りを実施します。

不乾燥材なので数ヵ月後にモノになるかも・・・

チョウナ

仕上げはこのチョウナでなぐり仕上げをします。

チョウナ全景

エンジュの柄の付いた本格的なチョウナ。

カーブした柄には訳があって、使ってみれば納得します。

刃先を入れた時、柄はバネの役割を果たし、

材料を掬い上げてくれるということです。

チョウナ加工痕

乾燥したヤマザクラで試してみました。

かなりコツは入りますが、230はモノになりそうです。

結構良い具合に仕上がっていますので、完成が楽しみ!

230のチョウナは東型で刃先が平らのため、画像のなぐりや

矢羽形状のなぐりしか出来ません。

亀甲形状の飾り掘りができる蛤型が欲しいのですが、

今は手に入れることが出来なくなった手道具です。

東型の平らな刃先で、出来る限りの表現をして

みたいと思っていますので楽しみに!

確約は出来ませんが・・・

☆フクロウも完成

フクロウ

ウワミズザクラ、エンジュ、クロモジのフクロウたち

たくさん作っていますので、フクロウ好きの方は

コーナーで楽しんで下さい。

 

 

 

 

 

 

あれもこれもで疲れ気味

忙しい事は喜ばしい事ですが・・・

少々疲れが溜まってきた感じで捗りません。

先日は酒田からのお客様をお迎えしたり、

おもちゃ美術館のケーキの納品で走り回ったりと・・・

帰りはドッピオコーヒーにて息抜きはしました。

カフェモカ

疲れ気味なので甘いカフェモカでチャージ

材料も集まってきます。

サクラ材

以前エンジュを処分した家から今度はサクラ

下見に行ったら50cmは超えてる立派なサクラで、

今回は手で持てるサイズのみ積み込んできました。

大物はどうやって引き取るか頭の痛いところです。

製作もあれこれと手がけてまして

パン皿

ご注文分と販売用を掘りこんでいますが、

このサクラは硬すぎてさっぱり捗りません。

一枚掘っては他の作業で手を休めながら

オオサンショウウオ

オオサンショウウオをうるしで仕上げます。

フクロウ

在庫切れのフクロウの木取りをしたり、

フルーツフォーク

2度目の追加製作のフルーツフォーク用も・・・

カエル沢山

カエルはたーくさん出来上がりました。

面倒なカエルはしばらくいいかな?

そしてまた面白い板が手に入りました。

ディスプレイ用の棚製作のため、製材所にスギ板を

調達に行ったところ、製材機オペレーターの

ギター職人さんより面白い材を持っていかない?

とお声が掛かり、いらないとは言えない性なので・・・

野路板

工場の壁に貼っていた物が剥がれ落ちたものらしい。

何十年も風雨に晒されて、作り出せない作品級。

うづくり状態

うづくりでは絶対出せない風格です。

へたな手は加えず、このままディスプレイとして使いたい!

次のクラフトまでは一ヶ月ありますが、あっという間です。

まずは仕掛り品を完成させ、小さなブースのイベント用の

ディスプレイ用棚の製作を予定してます。

場所により展示スタイルが変わりますので・・・

 

エンジュのボタン”カブキ”

この一週間暖かい日が続き、周りの雪融けも

急ピッチで気持ちも思わず緩みそう。

でも製作意欲は緩むことなく、確実に在庫作りも順調。

☆エンジュのボタン”カブキ”

気が付いて見たらエンジュのボタン”カブキ”が

一個も残っていませんでした。

数少なくなっていたのですが、先週の秋田アートCで

完売したようです。

”カブキ”とは、ボタンの模様が歌舞伎の隈取り風なので、

230の呼び名としています。

一番手間の掛かるボタンで、

カブキ木取り

エンジュの小径木から木取りします。

使う材料は伐採から3年ほど外に晒したもの。

新材では雰囲気が出ないので、年月が掛かってます。

白太と新材の境目だけを使用しますが、曲物が多い

エンジュはなかなか使える部分が限られます。

ボタン工程

板状から四角→八角形→円形→円盤状と整形

研磨工程も数段階に・・・

木地完

そしてボタン穴を開けて面取りし、形の完成で最終研磨へ

塗装

うるしを摺り込んで乾燥中

カブキ完成

うるしを摺り込む事で光沢、コントラスト、耐水性が得られ

個性的なカブキボタンが完成します。

最初の板状の木取りで全てが決まる作品です。

☆カエル

秋田アートCでカエルを買いそびれた方向けに

製作しました。

新カエル

クリとケヤキの2種から選んでいただきます。

面白い不思議な物も作ってみました。

カエルオブジェ

泥から顔を出したムツゴロウのようでもあるし、

カエルのようでも・・・

受け取りようはその方その方で、

こんな感じでもう少し作ってみようと思ってます。

 

 

2019オープニングの秋田アート

3/2~3/3の2日間、今年最初のクラフトイベント、

秋田アートクラフト市に行ってきました。

両日とも晴天になり、通いも楽々なコンディションです。

レイアウト

冬季間に沢山の新作を製作し、最初のイベントでの

評価が如何なものかと、全作を所狭しと並べて

お客様の反応を確認するイベントにもなります。

会場内

ここは時間前にはお客様を会場へは入れないので、

開場と同時にものすごい状態になります。

こういう時はハッキリ言いまして、商売には

ならないのが230ブースです。

お目当てのお客様はこの時間帯は避けて、

他で時間を費やしてから・・・

ブース内

こんな感じの状態がベストです!

ゆっくり手にとって見られるし、こちらも十分な

説明接客ができ、お互い納得しあえます。

ブース内2

オオサンショウウオは年を越しても大人気でした。

2年目なので心配したのですが、2桁の数が

旅立って行きました。

もう収集家と言っても過言ではない弘前のAさんは、

会場まで駆けつけていただき、またまた新作を

仲間としてお連れいただき感謝です。

市内のお客様が多かったようですが、山形市からの

方にも寄っていただき、こんどは山形県内のイベントで

お会いする楽しみが増えました。

会場内2

お客様も大変多く会場内は熱気で汗だくの奮闘でした。

肝心の新作ですが、カトラリー類がとても好評で、

大き目のスプーン類は追加製作が必要となり嬉しい事?

新作ケーキも沢山の方々に注目いただき、多くの方が

どうやって作るの?

230は簡単ですが全てレクチャーしました。

企業秘密は全く無く、どこでも完全公開です!

お蔭様を持ちまして、最後の最後まで接客でき、

気持ち良く後片付けができました。

帰り際、お馴染みさんより喜び過ぎないように

車の運転注意して帰ってね!

戒めの言葉をいただき、慎重に帰ってきました。

今日は持ち込んだ作品の整理をして、再び展示ルームを

メンテナンスしてます。

展示ルーム

いつでもお客様をお迎えできる状態です。

ご訪問の際は、前もってご連絡いただければ幸いです。

 

 

 

早朝の春山とコナコーヒー

この一週間天候が良かったので、週末は春山に入りました。

日中は雪が柔らかくなるため、硬雪状態の早朝に

夜明けと同時に家を出ました。

早朝の春山

ここは便の良いところで我が家より車で10分も掛かりません。

予想通り雪原はカチカチに硬く、それでもカンジキは装着。

木の乱立するところは根元付近がぬかるので念のため。

静寂の早朝の雪原に、カンジキのサクサクと刺さる音だけ

時折小鳥のさえずりが聞こえ、気持ちの良い朝です。

兎の足跡

日中の柔らかくなった雪の上を移動したのでしょうか、

ウサギも結構ぬかっております。

目的の物だけを使う分調達し、あとは縦横無尽に歩き回れるのが

雪原の山の楽しさです、

晴天の朝

1時間弱ですっかり陽ものぼり、冬空とは思えぬ晴天に。

朝飯前の行動で今年の○○作品も安泰かも・・・

 

先日、娘がハワイ・コナ・ファンシーコーヒーを買ってきてくれました!

先月コーヒー試飲会へ一緒に言った際に、コナコーヒーの

話をしたことを覚えていてくれたようです。

今までなかなか出会うことが無く、世界三大コーヒーの

ハワイのコナを飲んだ事がありませんでした。

(ハワイのコナ地域のみで生産)

230の誕生日を機会に見つけてきたとのこと。

コナコーヒー

焙煎店はなんと230の家より車で数分の場所!

なんであそこにあったの?と驚くばかり!

コーヒーの世界総生産のわずか1%にも過ぎない希少な豆が

横手にある事が信じられないくらいでした。

休憩時間はもちろん

コナとショート

コナコーヒーとショートケーキで

食べられるのは皆さんどちらか判りますよね・・・

さてコナの味わいですが、ほんのりとした酸味にスモーキーな

味わいで、大きな癖がなく飲み易いコーヒーです。

但し230はもっと酸味の強いフルーティーなものを好みなので、

コナはさほど酸味の強さは感じませんが結構あるほうかも・・・

家内と二人、ケーキを食べながら味を分析?談義

通常飲むコーヒーの3倍もする高い物に授かり、娘に感謝しつつ

2日違いの誕生日会を二人で楽しみました。

☆特大オオサンショウウオ

今まで材料としていたカキの縮み杢使いつくしたため、

今度はトチの縮み杢で特大サイズを製作。

トチ杢のオオサンショウウオ

大きさ27cm、カキ材と遜色無の出来栄えに仕上がりました。

サイズ勢揃い

左から2番目が今までの大サイズで大きさの程が・・・

週末の秋田アートクラフト市でお披露目です。

image2 (20)

天気にも恵まれそうなので、ぜひ遊びに来て下さい!

 

 

 

新作のケーキ

かまくらや梵天祭りも終わり、いよいよ春も間近に

今日は気温も上がり、今週は春到来の予感です。

☆新作ブローチ

トチとサワラを使った新作ブローチです。

濃緑色系ばかりだったので、新色を追加しました。

 IMG_7626

葉っぱや小鳥をイメージしたプラム色

トチゴールド

黄金色も新たに仲間入りです。

サワラはうづくりで、木目を模様化

サワラブラック

黒ベースに木肌そのものの木目がクッキリ

サワラブラウン

こちらはブラウンベース

うづくりなので、質感がとても良く出ています。

ぜひ手にとってご覧いただきたい作品です。

ブローチはすべてうるしで仕上げています。

☆新作ケーキ

この間紹介した圧着寄せ木木地を使い

ケーキ木地

ケーキのベースを作ります。

木の華

デコレーション用のホワイトチョコチップは、

特殊な刃物で削り出します。

一般ドリルではこのような木屑は出ませんが・・・

マロン

クリは剝きクリと渋皮煮の2種

デコレーションして仕上がった物は

ケーキ完成

いろいろな種類を作ってみました。

三角ケーキ

チョコ系の三角ケーキ

ショコラ

ショコラ風にマロンをデコ

マロンケーキ

マロンケーキ

モンブラン

モンブランも

デコマロン

マロンもリアルに仕上がり上手そう

たぶん皆さん手が出ると思います。

これらは秋田アートクラフト市へ持ち込みますので、

興味のある方ぜひお越し下さい。

数に限りがありますので早い者勝ちです!

 

新材でオオサンショウウオ

観測至上最大の寒気襲来とのことでしたが、

横手は普通の寒気でホッと一息でした。

今年の積雪は平年並みか

2月の外

でも平屋部分の工房は雪に埋もれ状態です。

工房内

工房内は狭くて暖房機を置くこともままならず、

真冬日の作業はキツイ物があります。

機械は冷たく、稼動すればモーターの風で

指の感覚は無くなるほどの痛さです。

極力暖かい日に大きな機械作業をこなし、

工房内2

寒い日には暖の取れる母屋内の工房作業に集中。

ケーキ材

今日は穏やかだったので、次の製作予定のケーキの

木取り作業を済ませました。

☆オオサンショウウオ

先月仕入れた新材で、オオサンショウウオを製作。

オオサンショウウオ

久々の製作でしたが、出来栄えは以前と変わらず・・・

赤いサティーネ、オレンジのカナリーウッド、

黄色のアマレロ、縞のパーロッサは新登場材です。

サティーネ

こちらは青森県のAさんご注文材のサティーネです。

数匹ずつ製作していますので、皆さん選ぶ楽しさも・・・

☆ハートの新材

ハートネックレスも新材で製作しています。

アマレロハート

黄色が美しいアマレロハート

サティーネハート

深い赤のサティーネハート

ペルナンブーコハート

オレンジの高級材、ペルナンブーコハートです。

☆その他の新材での作品

ループエンド

底のついたループエンドも製作

そしてドングリネックレスもカラフルに

ドングリネックレス

同じ組み合わせは無く全て一品物

お気に入りがバッティングしないように・・・

一部客注品もありますが、ほとんどが秋田アートクラフトで

ご覧いただけます。

秋田アートクラフトまでは3週間を切りましたが、

まだまだ持っていく物を作り続けますのでお楽しみに!

 

スープスプーン

春のクラフトの選考結果がボチボチと届いてます。

今のところ順調に選考されていますので、イベント情報へも

アップしていきますね。

☆スープスプーン

このところカトラリーやテーブルウェアに集中。

この前スープカップを作ったところ、問い合わせ等が

入ったりで、作った甲斐がありました。

専用のスプーンが無かったので製作しています。

スプーン彫り

230のスプーン類は、金属製のようにシャープに作るため、

薄肉でも耐えられるように硬い木を使います。

そのため彫りの工程は悪戦苦闘です。

スプーン木地

サクラ、アンズ、トチで計6本

完成スプーン

表面処理前ですが木地完成です。

お子様でも使えるように直系3.5cmで、

大人にはやや小ぶりに作ってます。

☆スープカップ第2段

前回のカップが手ごたえを掴んでいるのですが、

早くも第2段を製作。

スープカップ1

耳付きタイプでシチュー等にも使えます、

外径11cm、高さ6.5cm、耳の外径は16cm

こちらもまだ表面処理前です。

スープカップ2

スプーンもカップの底がすくえる様に角度を

合わせています。

スープカップ3

ケヤキで3個作りました。

微妙にデザインを変えて、選ぶ楽しさを・・・

3/3~3/4の秋田アートクラフトには持っていきます。

☆おまけ

毎年数点奇妙な注文が入ります。

今回は、縮緬細工をしている秋田市在住の姉より。

作品発表会で七福神を乗せるということで

宝船

宝船を製作してます。

そんなの作らない!と言いたいところですが、

姉様の言うことは聞かなければならないのが弟の常。

構造と曲線部分に苦労しましたが、なんとか形になりました。

 

ブローチの新作

先日は大仙市のカフェをハシゴして来ました。

ドッピオ

最初はドッピオコーヒーさんへ立ち寄り、

委託で作品を置いて頂くことがまとまりました。

早速新作をお願いしてきましたので、大仙市方面へ

行った時は寄って見て下さい。

2軒目はフォグコーヒーさんへ

この日はコーヒーの試飲会があり、娘が申し込んでいたので・・・

フォグコーヒー

目の前でいろいろ説明しながら淹れてくれます。

試飲

10種類のコーヒーを飲み比べることが出来ました。

お土産のコーヒーは、この日行けなかった家内好みを

選定し持ち帰りました。

因みに230好みを持ち帰ると家内は飲みません。

コーヒーの好みは正反対なもので・・・

☆新作ブローチ

大分前にうづくりしておいたブローチが完成です。

新作ブローチ1

ベースは黒のカシューを施し、木目部分は木肌が出るよう

透きで仕上げています。

ブローチ2

グリーンベースも

カシューは色の種類がとても多く、調合も可能な事から

色バリエーションが広がりそうです。

トチ杢1

暗い色ばかりだったトチ杢ブローチも増色

トチ杢2

今年はブローチラックがカラフルになりそうです。

☆フルーツフォーク追加製作

イベント前に既に完売したフルーツフォークを製作。

クロモジフォーク

全作と同樹のクロモジ

サクラフォーク

新作材はウワミズザクラと

白樺フォーク

白樺で製作しています。

全て樹皮付きで冬場の材料なので、樹皮が剝がれる事は

心配ご無用です。

オイル+ウレタン仕上げで耐水性もあります。

亥

沢山の干支の亥、毎年某店からの注文品です。

昨年11月より50セット以上作っていると、もう

そろそろ材料と精神力が限界に来ました。

そんなことで気分転換にもなるカラフルな材料で、

次の小物用の木取りです。

輸入材

全て輸入材で、この角物は旋盤加工向けの一部。

その前に超難解な注文品をやっつけなければなりません。

ただ今図面や型紙製作で頭が病んでます。

息抜きしながら少しずつ進めて行こうと・・・

 

 

 

丸物の一週間

先週の始まりは工房の雪下ろし、そして週末は

材料置き場のプレハブ3棟の雪下ろしでクタクタに。

その間本業は旋盤作業で丸物製作に没頭です。

効率面を考え、週間単位でそれぞれのアイテムを

こなしています。

まずは材料取りの一部

材料取り

バンドソーで円形に

旋盤加工1

木屑と埃が大敵です。

本来は車庫改造の工房で作業したいのですが、

他の機械で手狭のため居間隣接の第2工房で加工。

寒さは凌げるのがメリットですが・・・

カップ類

ナチュラルエッジやカップ類

角皿

半端な材料で角の小皿も

皿類

こちらはリム皿各種

各種いろいろと削りも削ったり

旋盤作業までは割合スイスイ進むのですが、

そのあとの仕上げと処理がこの量だと大変。

スープカップ

今回はスープカップも製作しましたが、旋盤では

中刳りしかできないため、取っ手と外周は手作業で。

クリのカップ

クリの外周は鑿仕上げ

拭き漆完

拭き漆中でこれから何回か塗り重ね

トチカップ

トチはオイル+ウレタンで

ブビンガカップ

ブビンガは硬くて苦労しましたが、出来上がりの

色合いは国産材にはない出来栄えになりました。

内径寸法はどれも10cmです。

アカシアボウル

アカシアのナチュラルエッジボウル

白太とのコントラストが良い按配です。

サクラボウル

サクラのナチュラルエッジボウルは、木の提供者に

記念樹作品として里帰りさせる予定です。

センのリム皿

センのリム皿は外周加工を加え、オーバルタイプに

リム皿

外径20cm、白身の木肌がとても綺麗に上がってます。

アンズカップ

丸2年養生した珍しいアンズの木で、ぐい飲みサイズの新作。

手前のカップは外周に鋸目を付けた多角形に。

今回全部は紹介できませんが、丸物は現在木取り状態の

物も含め、またの機会にアップさせていただきます。

風邪にもならず励んでいますが、皆様もインフルエンザには

十分ご留意なさって下さい!