レアウッドのブレスレット

コロナに大雨!不安の絶えない2020年

鉢植えトマト

鉢植えトマトはそろそろ初収穫かな?

イチジク

4年目のイチジクも今年は更に順調です。

コロナ感染者の増加で、秋のイベントも不安に駆られますが、

念願のブレスレットを製作しました。

工房開設前からレアウッドのブレスレットが欲しかったのですが、

高価なものでなかなか手を出せずにいました。

木工始めて十数年、設備、加工技術、ノウハウ、材料、

それに今年は時間の余裕もできてすべてが備わり製作開始。

ビーズ材料

まず選定したレアウッドを角材に木取り

この段階で数珠など作る工房やメーカーとは異なる

230独自の作り方です。

旋盤丸棒

そして旋盤で丸棒に

丸棒完成

12種のレアウッドをビーズに変化させていきます

ビーズ作り

直径、幅とも13ミリに加工し穴を空けます。

木材は内部組織が複雑なので、小径サイズのドリルは

中心に真っ直ぐな穴は簡単には空きません。

ここでは金工用の超硬3枚刃エンドミルを使用。

この段階でビーズの研磨は5段階で実施しています。

加工完成ビーズ

出来上がったレアウッドビーズの数々

そして1個ずつに更なる磨きを施します。

磨き完成ビーズ

左が旋盤加工が終わったビーズでこれでも通常は十分ですが、

更に3段階の磨きで輝きの増す右の完成ビーズです。

230のセンスで編み込んだのが

230ブレス

縞黒檀・パープルハート・リグナムバイタ・サティーネ

・カナリーウッド・パロサントのレアウッドブレス

230用ブレス

念願の第1号は230用

販売用にも各サイズいろいろ作っています。

販売1

左よりS(女性用)M(男女兼用)L(男性用)

販売2

こちらも同サイズで

マーブルブレス

まるでマーブルチョコ(昔の人間なら解ります)です。

0.7ミリのアンタロンゴムで2重に通しています。

それぞれアップでレアウッドの木色と輝きを

s1

s2

M

L1

L2

専門メーカーとは違った独自の製作方法の作品です。

表面仕上げはウレタン処理などで光沢を出さず、

磨きのみで植物性オイルで拭きあげています。

専用機、製作方法が違っても、それぞれの木色と輝きは

遜色ないつもりです。

価格も控えめにと・・・

詳しく知りたい方はお問い合わせフォームより、

秋のイベントではお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

新作フォトフレーム

梅雨といえばアジサイですが

ナツツバキ

この花ナツツバキも良いですね!

毎日の花殻掃除は嫌になりますけど・・・

梅雨空の晴れ間を縫って、サクランボの産地三関へ

小島農園

毎年通い続けている馴染みの農園です

サクランボ

見事に大粒が連なっていましたが、ここより北の地域は

かなり量が少ないとか・・・

土曜日だったので、県外ナンバーもかなり見受けられました

双子

これは双子ばっかりですが、孫たちが発見すると喜ぶと思い

いつも数個忍ばせて送っています。

サクラにサクランボ

サクラ尽くしで一枚でした。

 

先日、工房開設以来お世話になっているカフェギャラリーより、

久々に時計が出たと代金を・・

地方をまたぐ移動が解除となり、直後の千葉からの

お客様とのことでした。

皆さん待ち望んでいたのですね!有難いです

補充の時計と他にフォトフレームを在庫分委託したら

フレームの在庫が・・・

久々のフレームのお仕事に

いつもの広葉樹の耳付きタイプは

エンジュ

耳の白太部分は鑿痕を残したエンジュ

サクラ

皮付きのサクラ

ケヤキ

変形のケヤキの縁にも鑿痕を入れました

アンズ

耳には虫食い痕の模様の入ったアンズ

密度が高く、とてつもなく重たい材料を使っています。

ここまでは従来のタイプで、新タイプはこれから

桶材

大きな桶樽の解体材です。

これを何かにと前々から考えていたのですが、

フレームの製作にあたり変身させる案が浮上しました。

これは秋田の義兄の実家で使っていたもので、姉が

何かに使えるのではと持ってきてくれた材料なのです。

フォトフレームにして帰せば先祖の使ったものをいつまでも・・・

桶樽フレーム

桶なので湾曲しているため加工は結構面倒

でもこの湾曲が素晴らしさも発揮します。

桶樽2

杉材ですがとてもめの細かな良材で、間違いなく

昔の天然秋田杉を使っています。

桶樽横

窓には立体的に面取りを入れ、拭き漆で仕上げています。

材料提供者にはいきますが、販売用も製作していますので・・・

まだ材料もあるので他にも何か変身させたいな。

 

スプーン、フォーク製作

梅雨の時期はやはりこの花が似合いますね

アジサイ

鉢植えトマトも順調に

鉢植えトマト

今年の前半はイベントがないことから、

水やりの心配もなくトマトを植えました。

トマト結実

鉢植えでも立派に育ってます。

今年に入り町内を徘徊する不届きもの

キツネ

とてもまずそうな赤いキツネ

冬場のふんわり感がなく、可愛くねぇな!

 

この間訪問いただいたお客様のフォークの本数が足らず、

スプーンとフォークの補充をしました。

木取り

端材の方が倍以上、木工は歩留まりが良くありません

バンドソーカット

木取りした材をバンドソーでカーブをカット

バンドソー後

フォークとスプーンのカットの仕方は異なります

形状ケガキ

そして形状をケガキ

スプーン彫り

スプーンはひたすら彫り込み

形状カット

形状をつくり、この後は切り出しナイフ等

様々な手道具を駆使し形にしていきます。

磨き完成

磨きは電動も使いますが、仕上げはやはり手仕上げで

カトラリー製作の大半は磨き工程です。

そして拭き漆の繰り返しで

カトラリー完成1

カトラリー完成2

様々なタイプのスプーンとフォークが完成

使用材はヤマザクラとアンズです。

 

そして父の日のプレゼントに

ツナギプレゼント

工房のロゴ刺繍の入ったツナギが送られてきました。

何か仕事で使えるもの、と息子が・・・

これでまた製作意欲が高まり、新作も増えていきそうです。

 

秋からのイベント情報です。

9月からはボチボチ開催の兆しがあります。

確定ではありませんが、延期をした秋田ふるさと村、

昨年中止のかくのだても開催の方向で動いています。

そして数か所から9月、10月の募集があり

応募しておりますので確定したらアップします。

開催を心待ちにしているのは、お客様も作家も同様

実現しますよう祈ってます!

追加

ブログ更新終了後、娘が来ました

一日遅れの父の日プレゼントを持参で

手ぬぐい

こちらは手織りのガーゼ風のふんわり手ぬぐいです。

手ぬぐい好きの230には持ってないタイプ。

これからのシーズンには、汗取り&日焼け防止に活躍しそう!

子供たちにありがとうです!

 

 

 

ランチプレートのオーダー製作

乾いた地に良い雨と思いきや梅雨入りです

ナツツバキ

そして咲き始めたナツツバキの花殻の掃除の始まり

プリンセスダイアナ

チューリップのようなクレマチス、プリンセスダイアナ

あまり多くの花は付きません

気品が高く、安売りはしないのかな?

カキラン

カキランももう少しで花の穂先が出てきます。

今年の梅雨ははたして空梅雨かじめじめか・・・

オーダー品のランチプレートに掛かっています。

いつもお世話になっているお客様より、新しい生活スタイルに

合わせたランチプレートのご相談がありました。

工房にお越しいただき、ご要望をお聞きしてあとはお任せで

ケヤキ板

厚さ9cmのケヤキ材、幅は36cmのため230の帯鋸では無理

近くの製材所で所定の寸法に製材し、数日様子を見ています。

大きな変化は無い良材なので加工開始

テンプレート

ご要望の中で、料理の汁等混ざらないよう仕切りがあれば

ということで製作したのが上のテンプレート

あとは所定の深さまで彫り込む作業です。

掘り込み終了のプレート

数回に分けて回転数を調整しながら彫り込んでいますが、

コーナー部分には焦げ跡が残ってしまいます。

木の材質、刃物の切れ味、様々な条件はありますが

焦げ跡無しに加工するのは至難の業で、今回は

うまくいった方かな・・・

型抜き

外周を切り抜き、縁の整形加工が終わったところ

研磨

あとはひたすら焦げ跡が無くなるべく磨くのみ

動力と手作業のバランスを取りながら徐々に

面全体を一律に磨かないと平面が壊れてしまいますから・・

拭き漆

磨きに2日ほど掛かり、1回目の拭き漆開始

左端の塗る前の木地と濃い方が塗り終わったものです。

3回目拭き漆

乾いたらその面をまたペーパーで磨き拭き漆

それの繰り返しで画像は3回目が終了したところ

光沢が違ってきますでしょう!

完成?

乾ききってから判断し、あとどれくらい?

お客様へ納品する前にお披露目してしまいましたが、

お渡しするまでまだもう少し掛かりそうです。

ケヤキ皿いろいろ

蔓バラ系もそろそろ終わりに、今度はクレマチスが

アバンダンス

アバンダンスも踊り始めました

サルナシ

サルナシの花も

花の形は実の断面と同じ、キィウイそっくりです。

先日、面識のない方より突然の電話

エンジュのオオサンショウウオを新聞掲載で見た方からでした。

エンジュの木を伐採したから使いませんか?

それも工房まで運んでくれるということで甘えることに

エンジ伐採木

樹齢40年余り、20cm強程の役に立つ材料です。

実はこの方は伐採のプロで、伐採の時期も熟知

敷地内の電線に触れそうになったので、処分したそうです。

こんなところにも新聞効果がありました。

そして新聞掲載でご購入いただいた方から、今度は別注の

ミニ干支

干支のミニセットの完成です。

親子比較

全て子供サイズで製作し、丑と寅はその年までお待ち頂くことに

久々の干支製作でしたが、何とかモノになりました。

先週削りと塗り方で、ケヤキの皿がいろいろと上がりました。

簡単に説明を

皿裏加工

最初は皿の裏面を仕上げ

表加工

裏を基準に表面を仕上げます。

手仕上げ旋盤での平らな薄皿は、難易度が上がります。

パスタ裏加工

パスタ皿の裏加工はこんな感じに

木地完成

今回は板皿のような薄皿プレートタイプが中心で、

ケヤキのほかナラでも製作したいます。

塗り~磨きを繰り返し拭き漆の完成です。

23cmパスタ皿

ケヤキらしい木目の23cmのパスタ皿、21cmも作ってます

ケヤキ平皿

こちらも23cmのケヤキの平皿

外周に縁を加工しており、ワンプレートとしても

ナラ平皿

ナラの20cm平皿

平皿大小

同タイプで13cmの小皿は取り分け用にも

ケーキ皿

ケーキ皿としてもジャストサイズの作っています。

大きさ、縁の高低違い、いろいろ作りましたので、

気になる方はご連絡ください。

工房整理

工房の端材整理をしました。

これでもごく一部ですが、結構使える材料も入ってます。

知り合いの工房へ行き、薪になったり或いは作品になったり?

整理後工房内

少しは広くなった気がします。

 

 

工房の外周改修

いよいよ夏ですかね~

昨日真夏日となった横手、初夏の花たちも一気に

20200601-1

クレマチスの白雪姫

ゴールデンエバー

蔓バラのエバーゴールドもあと少し

コロナ禍では逆にいろいろとできることが次々と

工房外回り

玄関わきの木工設備のある第一工房の防雪ネットが

以前から家内よりみっともないと指摘を受けていました。

ネット部分は次の作品となる材料の一時保管場所で、

雪が入らなければいいやと当初から簡単にしてましたが・・・

時間のある今年は忙しいからと言い訳できませんから

ナット外し

ネットを外し、何年分の隅々のゴミと端材を整理

骨組み

外枠の角材は有りもので、買ったものは2x4とポリカのみ

片付けと骨組みで半日

改修完成

次の日ポリカを張って、扉まで付けて完成に至りました。

少しは見栄えが上がったかも・・・

今年の冬に加工していたナチュラルエッジボウルも上がりました。

サクラボウル1

高台の反りを取って座りを保持しオイル仕上げ

更にFDA(米国食品医薬品局)の基準クリアの

ブロックコンディショナーを浸透させ、木の保護と

防水性を高めています。

ボウル2

上の2点はエッジにサクラの樹皮を残しての仕上げ

ボウル3

ボウル4

最後は大きめの20cmのサクラのボウルです

使い込むにつれて木肌に風合いが増してくるはず!

そして今度は、ワンプレート用の薄板皿を作ろうと・・・

最近とてもワンプレートで楽しむ方が増えてきて、

また要求もあることから着手

プレート材

ケヤキとナラで木取りまで

今週は旋盤作業で埃にまみれながらの明け暮れです。

 

 

新作ウェーブプレート

青葉の季節、山野草も次々と咲き始めています

ハクサンチドリ

ハクサンチドリもひょっこり顔を出しています

チドリの顔出し

こんな草地がお気に入りなのか、所々にひょっこりです。

一通りの山菜も採りつくし、先日のタケノコも缶詰に

タケノコ缶

久々に保存食ができました。

タケノコの本場玉川地区はこれからが季節ですが、

それを待たずしての成果でした。

先週から掛かっているプレートの仕上げです。

プレート拭き漆

彫り上げたところを研磨して、1回目の拭き漆

拭き漆表面

最初は彫り上げた表面に粗さも見えますが、

数回研磨、拭き漆を繰り返すことで、滑らかさと光沢が

ケヤキウェーブ

25cm x 36cm のケヤキウェーブプレート完成

ウェーブ2

こちらは 25cm x 30cm の総彫りタイプ

センウェーブ

そしてセンのウェーブプレートも完成です。

見る角度を変えると、それぞれの表情が現れ劇的です。

ワンプレート用にお勧めです!

こんなこともやらされます

ハンコ彫り

何を思ったことか突然孫から、おじいちゃんハンコ作って!

孫のリクエストは断れないので止む無く

若いころ書をしていたとき、落款印を自作しました。

その時は石の印材でしたが、それから比べたら少しは楽かなと

でも今は目も悪くなっているし、売り物でもないので

大雑把に何とかモノにしました。

落款印

このタイプは白文と言って、作品に押す落款印です。

銀行印には使えないタイプ、実印としても枠がないのでNG

時間のある今年だからできる孫孝行でした。

今日も工房へのお客様があったり、朝からリピーターさんの

ご注文をいただいたりと、クラフトの無い前半ですが

お陰様でモチベーションも下がらずやっています。

秋からは大勢の前で、お披露目できるようになればなあ

と願っています。

 

タケノコウィーク

10日ほど前まったく生えていなかったタケノコ山

1週間たったのでそろそろかな?と出かけました

休耕田跡

ニョキニョキ生えています!

画像範囲で13本あるのですが、3m四方で約120本ほど

ここはまだ全体的に少々早めで、1kmほど奥の穴場へ車移動

平野沢

ここは標高180mくらいで、竹林は標高250mなので

車を降りてヤブ漕ぎしながら10分も掛かりません。

竹林

4~5年来てなかったのですが、竹やぶの状態がとても良くなり

タケノコの

かなり太めの根曲がりタケがあっちこっちに・・・

以前より移動しやすくなり、タケノコの太さも上級です。

ほぼ初物なので、5~6件におすそ分けし楽しんでもらいました。

焼きタケ

ぶっとい奴は焼いて食し、その他はいろいろと

この時は缶詰を作るほど残らなかったので、4日後の今日また

2回目成果

同じ場所ですが、遅い早いがあるので前回よりも収穫

予定通り缶詰にして保存します。

皮むき

でも処理が大変です。

でかいボウル3個分、何時間掛かることやら・・・

本業もちょろっと

前回ご紹介した治具でプレートの試作を開始しました。

プレート加工

テンプレートを使いウェーブ状に彫り込んでます

スライド治具

均等に掘れるよう1cmピッチのストッパーを移動しながら

ウェーブプレート

こんな形のものが出来上がりますがいったん中止

間違いがあったわけではないのですが、なんと腰痛発生です。

中腰で竹やぶを移動するため、タケノコ採りがアダになりました。

幸い大事に至らず、3日で治ったため本日また山へ行ったわけです。

新作もできました

浅皿

リーフをモチーフにした浅い手彫り皿です

サイドも掘り込みを入れてます

お魚にも見えますね!

ケヤキ皿

直径20cm、パン皿や他にも多用途です

セン皿

こちらはセンで、ギラギラした縮み杢も入ってます

緊急事態宣言も解除され、この2~3日工房へのお客様も

何組かお越しいただきました。

新聞で230の記事をご覧になった方や、いつもクラフトを

楽しみにされているご夫婦など・・・

今日もお越し頂き少しずつではありますが、世の中動き始めたことに

嬉しさを感じています。

まだまだクラフトなどのイベントは難しいので、作品を

ご覧になりたい方は、ご連絡いただければ感染防止対策をしたうえで

お待ちしています。

 

ハードウッドのオオサンショウウオ

この一週間も、雨の一日を除き毎日山、山へ

近くの山はタラの芽やコシアブラも終わり、ゼンマイ、ワラビ

ワラビ採りをしていたところ、ゼンマイ畑?を発見

家内は林道わきでワラビ採り、230は小藪に入りゼンマイ採り

ゼンマイ

小藪の開けたところ至る所に良質のゼンマイが

採ったあと

全ては採らず、今後も採れるよう株が弱らないように

数本残します。

画像はヤマドリゼンマイですが、普通のゼンマイも混在します。

ゼンマイ処理

綿毛を取って、ゆがいて干して揉み方と手間は掛かりますが、

値段の高さを実感します。

2日間通いました。

家から少し離れた山のホンナもそろそろかな?と

車で20分余りで着きます。

ホンナ山

こんな開けた草地が昔からの穴場で

ホンナ

丁度いい頃合いのホンナがあちこちに生えて、ここもまるで畑

太さもあるので、すぐ袋いっぱいになります。

サク

ただここは画像の植物、サクがたくさん生えていて、

熊の好物であることからあまり長居はしません。

近くで地元のハンターと出会いましたが、昨年はこの近辺で

20数頭捕獲したそうで・・・

そんな場所でも山好きな230は、40年以上歩き続けています。

ホンナおひたし

ホンナはお浸しの香りと歯触りが最高です。

焼きみそタタキ

焼きみそタタキも格別で、ご飯数杯いけちゃいます。

今日も雨も上がったので行ってきました。

ホンナ、アイコ

ホンナと左側はアイコです。

標高250m前後で採りましたが、この場所はとても太い

ワラビがボチボチ出始めたところでした。

今週末には場所を変え、根曲がりタケに狙いを定めます。

毎度山の話題が長くなりスミマセン。

本業の方は前回ご紹介したハードウッドで

サンショウウオネックレスを製作しました。

サンショウウオネック

どれも比重1.0以上のハードウッドです。

特に今回はピンクアイボリーの硬さにビックリ!

1.3位あるかもで、その分緻密さと色合いは過去最高です。

申し訳ないこと既に、右側5匹は行き先が決まりました。

(材料紹介した時点でご予約をいただきました)

こういう高比重材の難易度は上がりますが、仕上がり状態が

とてもよく、やりがいがあります。

今週は山歩きが頻繁でこれしか紹介できません。

次の新作のための治具だけは準備しました。

スライド治具

これはあるものを加工するためのスライド加工治具です。

山との兼ね合いで、果たして次週まで新作試作ができるかな・・・

 

 

 

木工と山菜採り逆転

例年はイベント真っ最中の時期ですが、全てが中止

追われる仕事もなくなり、頭の中は山のことで目覚めも早い。

サイクルがすっかり逆転し、山菜採りの合間に木工です。

住宅地ですが目で見える範囲に山があり、朝の散歩がてらに

山菜採りができる好条件地に家があり幸せです。

リス

古道を歩いていくと尻尾の長~いリスが迎えてくれます

ワラビ

出始めたばかりの太めのワラビ

コシアブラ

なんとこの斜面はすべてコシアブラの若木

ベストサイズが1~2歩移動で手のひらいっぱいに

採り切れないのでほとんどはそのままに残してます。

コシアブラ収穫

あちこちにおすそ分けで、喜んでいただけることに

こちらが幸せになります。

茹でワラビ

同じ場所でも濃淡の違う2種類のワラビ

何故色が違うのか未だに解りません。

食べ比べると濃色がややシャキシャキ感が

淡色がややねっとり感が強いかも。

どちらも粘りとシャキシャキ感があり、甲乙つけ難いのですが

濃色の方が何故か良しとされてるようで・・・

タケノコも採れます。

本格的な根曲竹はまだ少し早いですが、細くて面倒でも

笹竹のタケノコを採ってきました。

笹竹

身長くらいの笹竹には、7~8ミリ程度のタケノコが生えます。

笹竹ノコ

節と節の間も柔らかいところは(右側)我が家ではミソ炒めに

お吸い物や煮物と様々使え、本格根曲がりタケより柔らかく、

香りも笹竹は抜群です。

そして今朝の朝仕事は、車で20分ほどの山間へ

笹竹と根曲がりの中間くらいのタケノコを求めてです。

ウバユリ

自宅よりやや標高を上げるとまだ草もほとんど生えてません。

ウバユリが目立ちます

エンレイソウ

立派なエンレイソウも

ホンナ

ようやくホンナも出始めた状況で、これは今夜の食卓です。

目的の竹林へ行ってみると

タケノコ

生えてますね!

狭い範囲ですが少々収穫がありました。

中間サイズのタケノコ

左が根曲がりタケサイズで18~20ミリ、

右が笹竹よりやや太い中間サイズの8~12ミリです。

自生するタケの太さに比例したタケノコが生えるので、

竹さえあればどこでも採れますので、興味のある方は

今だけがチャンスですよ!

今日の様子からしてみれば、いつもの根曲がりタケも

あと4~5日で採りに行けるかも・・・

楽しみは続きます!

最後に木工のことも

ピンク他

これらは高密度ばかり集めたハードウッドです。

密度が全て1.0以上の比重の材で、サンショウウオを作ります。

左端は世界で最も重厚な材のリグナムバイタ

サンショウウオ初登場となります。

そして超鮮やかピンクアイボリー

仕上がったらどんな色艶になることか・・・

古い材を整理してたら貴重なココボロも見っけ!

これらで新しく仲間入りします。